発売日 2017年10月13日(金)

聖剣使いの禁呪詠唱 21

著者名:あわむら赤光(著者) refeia(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-9383-5
サイズ:
文庫
ページ数:
280
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・あわむら赤光

イラスト・refeia

Twitter

Unable to load Tweets

  • よかった

    5.0
    加藤 大和

    楽しかったです。とても素晴らしく楽しい物語でした。最終巻が楽しみです!

  • 5.0
    ファインプレー

    これまで断片的だった二つの前世の主要部分が描かれ、諸葉自身もかつての結末の一つを思い出します。ここへきてラスボスの恐ろしさ、ハードルの高さがぐんぐん上がっていくのはやはりわくわくするものがあります。そしてなにより我ら(?)が田中Tの株の上がること上がること。どこからどう見てもモブ。名前も地味。基礎スペックもそこそこ。だというのにこの強いというよりも巧い。どこまでも積み重ねた鍛錬に裏打ちされたそれは凡人の一つの到達点なのでしょう。モモパイセンも規格外の英雄たちに注目されるほど輝くし、とかく凡人たちが目立つ回といえましょう。そして表紙を飾るあの方の正体には驚きつつも静乃とのやりとりにほっこり。ある意味一番嫁入りへのハードルが上がってしまったのもこのシリーズで一番の苦難なのかもしれませんね。次巻で諸々に決着とのことですが、最後までついていきたいと思います。

  • レビュー対象商品: 聖剣使いの禁呪詠唱 21 (GA文庫) (文庫)

    辛口ですが何か?

    長かった。読み返してみるとそれなりに勢いもあり、なろう系の単純なTUEEEEEEEEとも違ってこちらの方がマシだったんだなとあらためて思ったわ。願わくばまとめきれずに次巻で終わりませんでしたとか寝言を言わないでもらいたいものだ。

すべての3レビューを表示

  • 水無月冬弥

    あわむら赤光先生(@shakkosan)の #ラノベ 叔母さん参戦、まさか、片腕的存在だったとは。しかし、そんな彼女のハートを掴んだ叔父さんって、もしかして、ただ一人諸葉に勝った存在なのでは。最終決戦前だけど、田中先生との戦いは熱かった。巨人は弱かったけど、だからこそ、田中先生が凄い証だと思う。もう一人の彼は…ねえ 続きを読む

  • 零崎夢織

    ついに決戦開始となった亜鐘学園。不可視、ヂーシンとの闘いもクライマックス。 次巻最終巻に向けて良い盛り上がり。 続きを読む

  • 416

    シリーズ二十一巻、遂に物語も大詰めということでヂーシンと田中先生の魔神戦がメインとなっていましたしたが、安定して面白かったと思います。特に田中先生はランクと実際の実力との乖離が激しく、かつ特化型のいい敵役だったと思います。本格的に動き出した安東、前世から対策を練ってきた諸葉勢とのラストバトルがどうなっていくのか非常に楽しみですね。アニメラストのように「エンシェントドラゴン」形態のようになるのでしょうかね。何はともあれ完結となる二十二巻に期待ですね。 続きを読む

すべてのレビューを読む