発売日 2017年12月15日(金)

我が驍勇にふるえよ天地6 ~アレクシス帝国興隆記~
~アレクシス帝国興隆記~

著者名:あわむら赤光(著者) 卵の黄身(イラスト)

¥630 (税別)

ISBN:
978-4-7973-9388-0
サイズ:
文庫
ページ数:
344
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・あわむら赤光

イラスト・卵の黄身

広島県出身。
第1回GA文庫大賞《奨励賞》受賞。
代表作にTVアニメ化作品『聖剣使いの禁呪詠唱』のほか、
『あるいは現在進行形の黒歴史』など。

Twitter

Unable to load Tweets

この本のレビュー

  • よっち

    悲願のリント奪還を成し遂げたレオナートの下に、敬愛する元帥皇女を皇帝に捕らえられて祖国を裏切り共闘をもちかけた怨敵レイヴァーン。共同作戦で新皇帝ウィランが待ち受ける首都を目指す第六弾。帝国の政変によって引き起こされた青天の霹靂。これまでの経緯を考えるとそう簡単に割り切れるものかとやや首を傾げる部分もありましたが、現段階では皇帝の思うままに動かせない帝国の現状や、相手の思惑を読み合いながらの激突もあり、そしてこれから激突するであろう強敵たちの存在も示唆されて、華々しい戦いで続巻はさらに盛り上がりそうですね。 続きを読む

  • ばたやん@かみがた

    シーソーゲームが繰り返された前巻・前々巻と対照的に凪の状態へ。侵略する敵を追い出すことに注力すれば良かったこれまでと違い、勝手解らぬ敵国内では探り合い優先と言う所か。遠交近攻策が整い、国境付近の敵軍団降すが大軍勢が控えており前哨戦の赴き。そして敵皇帝の切り札は予想外の勢力だった、という処で終わる。/これまでのレオナート達は敵将兵を無暗に殺害して来なかったことに気づかされる。作中の雰囲気を殺伐とさせない配慮が第一にあると思うが、結果として勢力の急拡大に貢献していると思ったり。 続きを読む

  • 真白優樹

    宿敵であるレイヴァ―ンと共闘し、帝国へと逆に攻勢をかける今巻。―――仲間の願いの為、例え敵がどれほど強大でも。敵軍とて玉石混交、だけど醜い悪なんていない、そこにいるのは自らの信念を御旗に掲げし、清々しい程の強敵。そんな敵相手に武と智の天才のタッグが立ち向かう今巻。それぞれの思惑、そして知略と武勇が正面から激突し、予断を許さない、薄氷の上を駆け抜けるが如き戦況。進撃を続ける中、更に舞台へと集う強者達。これを面白いと言わずしてどこの戦記を面白いと言えばいいのか。戦いの行方とは。 次巻も須らく期待である。 続きを読む