発売日 2017年10月13日(金)

月とうさぎのフォークロア。 St.3 天てらす月、其は夜にかがやくしろうさぎ。

著者名:徒埜けんしん(著者) 魔太郎(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-9437-5
サイズ:
文庫
ページ数:
312
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・徒埜けんしん

イラスト・魔太郎

著:徒埜けんしん(ただの けんしん)
第8回GA文庫大賞において、本作が《奨励賞》を受賞してデビュー。
普段は小説を書いたり時々ゲームで提督をしたりしている。
大阪府在住。

イラスト:魔太郎(またろう)
あらゆるジャンルでひっぱりだこの大人気イラストレーター。
ライトノベルはもちろん、成年向けコミックやコミック専門店のイラストなどでも活躍中。
思わず惹かれて目を合わせてしまう印象的な瞳に加え、鮮やかな色合い、そしてヒロインの可愛さやセクシーさが多くのファンの心を掴んで離さない。

Twitter

Unable to load Tweets

  • たこやき

    まず、朔を巡っての女性関係が大分、賑やかになってきた感じ。そんな中で、今巻のテーマを語るなら、「部下を育てる」というところか。シマを巡っての下部組織総長の優月と、彼が率いる天月会の戦い。優月を総長にした手前、彼の失敗は朔の求心力にも影響を及ぼす。しかし、朔自身が表だって動くことも出来ない。その中で……。派閥争いとか、どんな組織にも起こることで、朔自身が矢面に立たないので地味さはある。しかし、一大組織のリーダーとしての在り方などをしっかりと描いたエピソードと言えるだろう。 続きを読む

  • 真白優樹

    貸したシマの問題解決の為、天月の社で抗争を繰り広げる今巻。―――夏の夜を染めるは、どんな赤よりも濃い朱。柏木さんも本格参戦、少女達の戦いも加熱。そして共に繰り広げられる天月のシマを巡る抗争、そして優月の成長。組の危機を乗り越える為優月が血を舞い散らせ、親分として朔も白達を動かしながら暴れ回る。子分の危機に立ち向かう今巻は、前巻までとは少し毛色が違い、親分として子分を導き、その上で子分に喧嘩を打った者達にカチコミをかけ叩き潰すという、色の違う熱さが魅力を放つ巻である。進む季節、そして新たな学び舎。 続きを読む

すべてのレビューを読む