発売日 2016年12月15日(木)

月とうさぎのフォークロア。 St.1 月のない夜、あるいは悩めるうさぎ。

著者名:徒埜けんしん(著者) 魔太郎(イラスト)

¥600 (税別)

ISBN:
978-4-7973-8928-9
サイズ:
文庫
ページ数:
288
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・徒埜けんしん

イラスト・魔太郎

徒埜けんしん(ただの けんしん)
第8回GA文庫大賞において、本作が《奨励賞》を受賞してデビュー。
普段は小説を書いたり時々ゲームで提督をしたりしている。
大阪府在住。

魔太郎(またろう)
あらゆるジャンルでひっぱりだこの大人気イラストレーター。
ライトノベルはもちろん、成年向けコミックやコミック専門店のイラストなどでも活躍中。
思わず惹かれて目を合わせてしまう印象的な瞳に加え、鮮やかな色合い、そしてヒロインの可愛さやセクシーさが多くのファンの心を掴んで離さない。

Twitter

Unable to load Tweets

この本のレビュー

  • サキイカスルメ

    朔に褒められてふんすふんす喜ぶ白が可愛くて。超常の力を持った神人達と人間が共存している世界で、家の仲間の為、幼馴染のために頑張る朔のお話。極道と神さまファンタジーをミックスした感じかな。思ったより極道要素強めです。殺伐とした場面も多いですが、ラブコメな明るい部分もあり面白かった。白が可愛いです。事件の苦めの結末に、副題はそっちの意味だったのかなぁ……としんみりしました。 続きを読む

  • 真白優樹

    神に近い者達と人間が共存する異世界で、少年が家を守る為に仲間達と戦う物語。―――夜に血が神を染める時、抗争の幕が開く。現代によく似た異世界、繰り広げられるのは極道達の抗争。つまりはあまり見られない極道系の物語。・・・つまりそれ故に最高に面白い。まだまだ粗削りな部分は存在すれど滅多に見られない物語、熱い抗争、そして魅力的なヒロイン達といった最高に面白くなる要素は揃っている為、ここからに期待したい。自らの存在を示し、家を率いて歩き出した少年の行く先とは。この先に待つのはどんな抗争か。 次巻も楽しみである。 続きを読む

  • jr5477

    評価:5 なんか組の抗争みたいだった。良くも悪くも絵が合っていない印象。タイトルや絵に引っ張られて意外なイメージを持ちそうだが内容自体はそれほど突飛なものではないと思う。絵と内容のギャップを楽しめると考えれば悪くはないが、個人的には好きになれなかった。 続きを読む