発売日 2018年05月19日(土)

世界トップ機関の研究と成功率97%の実績からついに見つかった! 頭のいい子にする最高の育て方

著者名:はせがわわか(著者)

¥1,500(税別)

ISBN:
978-4-7973-9631-7
サイズ:
四六/2色
ページ数:
280
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・はせがわわか

長谷川 和香(はせがわ・わか)

宮崎県生まれ。一児の母。
京都大学大学院工学研究科修士課程修了。
大手メーカーの研究員として勤務。

2001年に結婚し、2007年に長男を出産。
出産直後から息子の知育に積極的に励みながらも、会社では100件以上の特許を出願するなど、
息子の知育と仕事の両立に多忙な日々を送る。

時間がない中で子どもに勉強のおもしろさを教えるために、発達心理学や脳科学の知見を学んだ結果、
子どもが勉強好きになる行動パターンを理解する。

息子が就学後は「早期教育で親が学ぶ」をモットーに、
未就学児を育てるお母さんに早期教育のアドバイスを行うハッピーエデュを立ち上げ、
100人以上のお母さんに子供を勉強好きに育てる方法を指導している。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 無知過ぎる筆者にビックリ…

    1.0
    Amazon カスタマー

    色々な研究に基づいた子育てについて書かれているということでしたが…はじめの内は、確かに興味深い研究内容など書かれており、なるほどと思う点もありましたが…読み進めていく内、筆者の都合のいい内容ばかりの研究の羅列が目に付き、強引なこじ付けに感じます。特に、「自閉症などの発達障害は、親のせいである」という内容が何度か出てきた時には、無知過ぎる筆者に呆れました。自閉症含む発達障害は、先天性の脳の機能障害です。今でもこんな事を言う人がいるなんて…ましてや大衆が目にするであろう子育て本の中で堂々と言ってのけるとは…驚き以上に呆れ果ててしまいました。途中で、全ての内容が無知な筆者の都合の良い思い込みに思えてきます。本にするなら最低限の医学的知識くらい、勉強して欲しいです。結局筆者の語る子育て論全てが陳腐な内容に思えてきてしまい、買って損したと思いました。

  • 4.0
    AYA

    息子の偏食という悩みがあります。本の中に子供は周りからの言葉通りに育つという内容があり、自分の子供のころを思い出しても納得したので、いつもなら「なんで食べないの!食べないとダメ!」と叱るところを少しでも食べたら「何でも食べられるんだね、すごいね」と褒めるようにしたら以前より食事に対し意欲的になってくれました。自分から「たくさん食べられるよ」と言うこともあるので言葉かけが嬉しかったのだと思います。そりゃ褒められるほうが嬉しいよなとは思いますが、毎日あわただしく育児をしているとうっかり感情のまま怒ってしまったり間違った対応を取ることがあるので手元に置いてきぼり何度も読み返しながら育児したいと思いました。ただし一つ残念だったのは、虐待などで子供が自閉症や発達障害になるというような記述があったことです。虐待される子に障害児が多い(三割が何らかの発達障害だったというデータも)は確かですが、それは障害による問題行動などの育てづらさに由来するものなので、後天的に自閉症や発達障害になるというのは誤りだと思います。

  • 筆者の主張が引用文献の結果とちぐはぐな印象

    1.0
    Amazon カスタマー

    この本の購入をおすすめしない理由が2点あります。・引用元の海外の研究結果と、それらに基づくと「このような子育てをした方がいい」という筆者の主張とがつながっていない点。本当は研究結果とは直接関係ない、筆者の限られた経験の中での『決めつけ』と思われる内容が多数だったため。・読者特典で登録すると読めるメルマガの内容や言い回しが「ひどい」点。本書の文書以上に、研究結果の主張がちぐはぐになっており、本当に同じ人が執筆を担当している?と思わせる内容のため。(直接関係はないですが、メール配信解除の際の対応も良くはなかったです)この2点ゆえに読み進めるうち本書の信憑性が下がってしまいました。他の方もおっしゃっていますが、まさに「大学生のレポート」レベルで、この本には「事実を論理立てて結論に結びつける文書力」が足りていないと思います。大変かもしれませんが、引用文献のうち関心があるものを自分で読んだ方が良いと感じました。(キャッチ力のある装丁や、全体の編集のような筆者以外の部分、そして筆者の「熱意・やる気のようなもの」は素敵だと思いますが)

すべての83レビューを表示

  • Samiyo

    子育てマニアな著者の頭の良い子供を育てるハウツー本。アホみたいなタイトルの割に良書と聞いたので読んで見たけれど。自分の必要な知識を自分で得られる様にする「自己調整学習力」を身に付けるのが大事と最後の方で謳っているのは同意出来るが、習い事でそれは身につくものだろうか。睡眠が10時間程必要で大事なのは周知なんだが、赤子は寝なくて困っているのですよ。大きくなったらより寝ないのではなかろうかと。掻い摘んで同意出来る事は多々ある。が、要するに英才の為の環境面での刷り込み教育が大事で、細かな気配りが必要なんだなと。 続きを読む

  • ぴーたろー

    効果はよくわかりませんが、なるほどと思うことが書いてありました。定期的に最後のおさらいをもとに復習できればよし。 続きを読む

  • JKTP

    指示に従わせるためにご褒美をあげるのはNG。「メタ認知能力」が未発達の子どもには、他人からの評価がそのまま自己評価となる為、親からのポジティブな言葉がけが自己肯定感を高める。子供になぜと聞かれたら即答せず、一緒に解を求めるための想像を膨らませ、好奇心を育む。タンパク質、DHA、鉄が重要栄養素。外遊びが知性を育む。しりとり、童謡、音読を推奨。怒りをコントロールするため、深呼吸&3秒待つことが有用。「最高の子育てベスト55」トレーシー・カチロー著の方がより内容が深く充実していると思う。未読の方には是非お勧め。 続きを読む

すべてのレビューを読む