発売日 2018年05月15日(火)

無双系女騎士、なのでくっころは無い2

著者名:赤木一広(著者) 吉武(イラスト)

¥1,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-9690-4
サイズ:
B6/1色
ページ数:
336
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・赤木一広

イラスト・吉武

赤木一広(あかぎ・かずひろ)
新潟県出身
『小説家になろう』より本作でデビュー。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 八千

    なんか前より蛮族度合い増してません?外道の類いなら一軍まとめて皆殺し、口を開けば誰かを叩ききる話ばかり、どう見ても正義の女騎士には見えないし、挿絵は可愛いけど読んでると悪鬼の如き姿しかうかばないんだが。まあ、読む側はもう素直にこのド派手アクションを楽しむべきか。しかし、戦闘と殺戮の展開ばかりではなく、今回は彼らにも友軍や理解者・好敵手が現れて物語の幅が広がってきているのも新たな動き。彼らと対等に戦える強敵との戦いももっと見たいな。続くのかは分からんけど次はどうなる?もう国一個とか滅ぼすか? 続きを読む

  • takave

    王子が可愛いんですよ。この物語は強い王子と強い女騎士と超強い女騎士二人が出てくるんですが、強い王子と強い女騎士の実力は同じくらいで、砦を攻めるのに女騎士が出来た壁の蹴り登りが出来なかった王子はすごい悔しがるんですよ。お可愛いこと・・・! 続きを読む

  • くま吉

    ★★★★☆ 前巻に引き続き、主人公たちが無双する展開。 あれほど無双したにもかかわらず、未だ侮られる主人公たちが厄介ごとに巻き込まれ、結果無双する展開は、おら、ワクワクすっぞ、という思いが止まらない。 主人公の強さも三国志でいう陸遜くらいの強さには上がってきている気がする。 続きを読む

すべてのレビューを読む