SBクリエイティブ

Excel VBAの教科書

古川順平:著者

ExcelVBAを基礎からしっかりと学ぶための教科書が登場。VBAの文法からはじめて、業務アプリの作成までが学べます。
これからVBAを始める人から、実践的なテクニックを求める人まで、幅広い層に対応する、VBAプログラマ必携の一冊です。

■目次:
1章 VBAの作成を始めるまでの準備と仕組み
2章 Excelの機能にアクセスするにはオブジェクトを利用
3章 もっとプログラムらしく。VBAの基礎文法
4章 人にとっては大切な「文字」と「日付・時間」の扱い方
5章 リストアップした物を一気に処理。配列・リストの仕組み
6章 そのマクロ、いつ実行するの?
7章 エラー処理とデバッグ
8章 外部ライブラリとWindowsAPIの利用
9章 ユーザー定義関数とカスタムオブジェクト(クラス)
10章 目的のセルへアクセス
11章 セルの値と見た目の変更
12章 データ処理
13章 VBAでのファイル処理
14章 外部データとの連携処理
15章 Webとの連携
16章 シートを利用した入力インターフェースの作成
17章 ユーザーフォームを利用した入力インターフェースの作成
18章 Excel全体の画面更新や計算方法を変更してマクロの実行速度を上げる
19章 集計・分析結果を「出力」しよう

定価:2,618円(本体2,380円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2018年7月21日(土)
  • ISBN:978-4-7973-9698-0
  • サイズ:A5/2色
  • ページ数:520
  • 付録:-
VBAを始めるための準備と仕組み

Excelのマクロ機能の内容を記述するプログラミング言語である、「VBA(Visual Basic for Applications)」についての基本的な情報と、ExcelでVBAを利用するための環境構築について解説します。環境構築とは言っても、VBAはExcelに標準で組み込まれているため、利用できる環境を用意するのも本当に簡単です。それでは、VBAの世界に踏み込んでいきましょう。

もっとプログラムらしく ~VBAの基礎文法~

変数や制御構造(条件分岐・ループ処理)といった、よりプログラムらしい仕組みをVBAで実現する際のルールを紹介します。これらの仕組みを利用すれば、単にExcelの機能を順次実行するだけではなく、よりきめ細やかな操作や、大量の作業を一括して処理する仕組みも作成可能となります。

プログラムにつきものな、エラー処理とデバッグ

エラーが出た場合の動作と対処方法、それに、エラーを見越した処理の作成方法をご紹介します。プログラムの作成にエラーはつきものです。毛嫌いするのではなく、「うまくいっていない箇所を突き止めるための味方として活用しよう」くらいの気持ちで対処していきましょう。

目的のセルへアクセスする

実践編からは、VBAの仕組みではなく、「実際に使いそうなコード」にテーマを絞ってご紹介させていただきます。まずは何と言ってもVBAによって操作する機会ナンバーワンである「セル」へのアクセス方法です。あの手この手で目的のセルへとたどり着く方法をご紹介します。

外部データベースと連携する

テキストファイルやAccessで作成したデータベース等、外部にあるデータをExcelへと取り込む仕組みについてご紹介します。さまざまな手段で蓄積されたデータを手軽にExcelに取り込むことができれば、グラフやピボッドテーブルを駆使した分析を行うことも楽になります。面倒な手続きや設定こそ、VBAを利用して楽にすませてしまいましょう。

ユーザーフォームの利用

VBAに用意された「ユーザーフォーム」の利用方法をご紹介します。ユーザーフォームは、自分独自の「カスタムダイアログ」を自由に作成できる仕組みです。ユーザーフォームの作成から、各コントロールの使い方までを見ていきましょう。

著者紹介

静岡大学大学院人文社会科学研究科法律経済専攻卒。
富士山麓でテクニカルライター兼インストラクターとして活躍中。

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る