SBクリエイティブ

ExcelVBA[完全]入門

古川順平:著者

本書は、Excelによる業務の自動化・効率化を行いたい人、本格的なシステム作成を請け負うVBAプログラマーを目指す方等を対象に、VBAの基礎から実践的なコーディングまでを一冊で解説していきます。
変数や配列の使い方、繰り返しや条件分岐、ライブラリの使い方といったVBAの基礎はもとより、「データの入力/転記」「複数シート上にあるデータのまとめ方」「WebやAccessからデータを取り込む」「集計/分析結果の出力」「入力フォームの作り方」「マクロを高速化するテクニック」「PowerQueryによるたデータ収集」等、すぐに役立つテクニックまで幅広く掲載しています。

基礎編
Chapter1 VBAを始めるための準備と仕組み
01 VBAで何ができるのか、あるいは、何をしたいのかの整理
02 VBAの概要と使うための準備
03 VBEの使い方
04 一番小さなマクロの構成
05 作ったマクロはどう保存する
06 他のPCへとマクロを使ったファイルを持ちこんだときの仕組み

Chapter2 オブジェクトでExcelの機能にアクセスする
01 イミディエイトウィンドウの使い方
02 セルの値を操作する
03 Excelの各機能はオブジェクトごとに整理されている
04 目的のオブジェクトにアクセスする
05 どの機能がどのオブジェクト?

Chapter3 もっとプログラムらしく VBAの基礎文法
01 VBAにおける変数の使い方
02 プログラム内でで完結する計算を行う演算子
03 プログラムのだいご味。条件分岐とループ処理
04 実行時にユーザーと対話する仕組み

Chapter4 「文字列」「日付」「時間」の扱い方
01 数値はそこまで差がない
02 人にとって大切な文字列の扱い方
03 日付や時間の扱い方

Chapter5 リストを一気に処理 配列・コレクションの仕組み
01 めんどくさいけど効果は抜群な配列の使い方
02 配列でセルの値の操作を速くする
03 簡易リストならArray関数がおすすめ
04 あわせて覚えておきたいTransposeワークシート関数
05 コレクションでリストを作成して利用する
06 連想配列(ハッシュテーブル)でキーと値を一括管理する

Chapter6 そのマクロ、いつ実行するの?
01 ユーザーが指定したタイミングで実行する
02 イベント処理で操作タイミングに合わせて実行する
03 一定間隔で自動的に実行する

Chapter7 外部ライブラリでVBAの機能を拡張する
01 Excelにない機能も外部ライブラリで実現できる
02 参照設定したライブラリの利用もできるけど

Chapter8 マクロのパーツ化やユーザー定義関数
01 マクロをパーツ化して管理しやすく、読みやすく
02 ユーザー定義関数を作って計算の目的を明確に
03 モジュールを使って関連する処理を整理する
04 カスタムオブジェクトでデータと処理をひとまとめに
05 モジュールのエクスポートとインポート

Chapter9 プログラムにつきものな、エラー処理とデバッグ
01 エラーが出るとどうなる?
02 エラーを追い詰めるための頼もしい武器
03 エラートラップでプログラム的に処理する
04 フリーズ? 最終手段はExcelの強制終了
05 エラーを見越した手作り自己防衛手段
06 テスト用のブックを作っておくと変更時の確認作業が楽に

実践編
Chapter10 目的のセルへアクセスする
01 目的のセルを取得する方法
02 行・列全体へのアクセス
03 相対的なセル範囲という指定方法
04 表形式のセル範囲の扱い
05 テーブル機能を起点にしたセル範囲の管理
06 空白・数式・可視セル等のみを選択できる仕組み

Chapter11 セルの値を操作する見た目の変更
01 値と式の入力・消去
02 スピル形式での入力・消去
03 セルの見た目の設定
04 表示形式を設定する

Chapter12 VBAでのデータ処理
01 並べ替えと抽出
02 フィルターの詳細設定機能
03 重複を削除するには
04 誰かがやらねばいけない表記の統一
05 検索で目的のデータを探して走査

Chapter13 VBAでのファイル処理
01 他のブックのデータを取得するには
02 複数ブックをまとめて処理する
03 ファイル・フォルダー操作の定番はFileSystemObject
04 クラウド上のブックを扱うときは要注意

Chapter14 集計・分析結果を「出力」する
01 結果を印刷する
02 結果をPDFで出力する
03 結果のブックの送信準備

Chapter15 外部データとの連携処理
01 Excelの外部データ連携状況の現状
02 テキストファイルからの取り込み
03 テキストファイルへの書き出し
04 外部データベースと連携する

Chapter16 PowerQueryを活用してデータを収集
01 基本は「大きく掴んでそぎ落とす」
02 PowerQueryはM言語で操作できる
03 データのある場所を指定する
04 データを絞り込む
05 データを結合/展開する
06 PowerQueryで自作関数を作成する

Chapter17 Web上のデータをExcelに取り込む
01 Webからのデータ取得
02 データの取り込みもマクロで行ってみよう
03 XML形式で解析する
04 JSON形式で解析する

Chapter18 マクロの実行速度を上げる
01 マクロの実行速度を調べる
02 画面更新や再計算を止めてスピードアップ

Chapter19 シートを利用した入力インターフェースの作成
01 入力専用画面に関して考えてみよう
02 入力シートから蓄積シートへ転記する仕組み
03 フォームコントロールの特徴
04 リボンの活用

Chapter20 ユーザーフォームの利用
01 ユーザーフォームの基本
02 各コントロールの使い方

定価:3,190円(本体2,900円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2023年1月31日(火)
  • ISBN:978-4-8156-1771-4
  • サイズ:A5判
  • ページ数:600
  • 付録:-
  • Excelマクロ作成に必要な知識をしっかり丁寧に解説していきます。

    Excelのマクロ作成に必要な知識を基礎から丁寧に解説します。マクロの作成・実行・保存方法、VBAの文法の基礎などが学べます。

  • データ分析、ファイル出力、外部データとの連携、ユーザーフォーム等、本格的な業務用アプリ開発に使える知識までを幅広く解説します。

  • マクロのサンプルを多数掲載しています。解説内容の確認から、実際に業務で使用するマクロへの組み込み等、さまざまな用途でご利用ください

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

富士山麓で活動するテクニカルライター兼インストラクター。Excel VBAに関する著 書に『一冊に凝縮 Excelマクロ&VBAやさしい教科書』『かんたんだけどしっかりわかるExcelマクロ・VBA入門』(SBクリエティブ)、共著に『[逆引き]Excel VBA パワーテクニック 525』(技術評論社)、『ExcelVBAふりがなプログラミング』(インプレス)などがある。静岡県富士宮市在住。

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る