発売日 2020年02月21日(金)

Excelマクロ&VBA やさしい教科書 [2019/2016/2013/Office 365対応]

著者名:古川順平(著者)

¥1,780(税別)

ISBN:
978-4-8156-0390-8
サイズ:
B5変
ページ数:
336
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・古川順平

富士山麓で活動するテクニカルライター兼インストラクター。Excel VBAに関する著 書に『Excel VBAの教科書』『かんたんだけどしっかりわかるExcelマクロ・VBA入門』 (SBクリエティブ)、共著に『[逆引き]Excel VBA パワーテクニック 525』(技術評 論社)などがある。静岡県富士宮市在住。

サポート情報

この商品に関してのお問い合わせは、右上の「お問い合わせ」ボタンからお願いいたします。
※ご意見、ご感想は、このフォームよりお寄せください

Twitter

  • 理解度

    2.0
    桑原孝

    初めての人には解かりずらい

  • エクセルのマクロ・VBA操作を自己流でやるまえに最初に読んどくべき本だと思います

    5.0
    AmazonCustomer

    (良かった点)○マクロってなんなの?というレベルの初心者に、ステップを踏んで自己学習できる教科書兼演習書です。○各ステップで、エクセル操作でこれやりたい!という項目がタイトルになってるので、すでにマクロやVBAをかじってる人でも該当の項目を辞書的に使って活用もできます。○カラー刷りで大判なのでとても見やすいです。エクセルマクロ教えてやって、といわれて頭を抱えてる人は、本書をぽんと与えて頭っから順番にやってて、わかんなければ教えてができます。(感想)マクロとVBAってのも、何でもできるエクセル操作を、エクセル自身にすべてやらせてしまうというとんでもない機能ですが、その作法ややり方は何でも出来るが故に、どんなに面倒なコードを記述してもエクセルはそのとおりに実行できて結果は同じになります。最初のうちはそれでも充分なのですが、機能を追加したり、長年業務でつかったりしているうちにとんでもない迷宮が出来てしまって途方にくれるようなことも起きたりします。私はマクロ自動記録で操作した内容を修正して適当に作ってばかりだったので、最初からお作法キチンと習っていればよかったなあと反省しています。教科書なくてもなんとかなるマクロ&VBAですが、自分のスキルを世間に通用するように育成するのであれば、遠回りなようでも、本書で基本のお作法をきっちり学ぶことがオススメです。

  • 対象は?

    3.0
    Amazonカスタマー

    Excelを使用していて、ある程度関数を使いこなせるようになると、今度は「自動化」したくなると思います。Excelは優れたアプリケーションなので、操作のみならず、マクロ機能についても「マクロの記録」を使うことである程度使える気分になると思います。しかしさらにVBAを自分で書きたくなったときには、リファレンスは必須です。●本書の対象・Excel中級?(不明瞭)→最初のページにパソコンの基本操作が載っているので、超初心者も対象にしているように見えますが、そのレベルの人には本書は理解できないと思います。少なくとも作表や関数入力は問題なく扱える人が対象だと思います。●良い点・ループ処理、条件分岐、エラートラップまで載っている点。・1トピックが、見開き1~2ページにスッキリとおさまっている点。●気になった点・カラフル過ぎる点・対象が不明。→「第10章:関数を使った処理」までは初心者でも問題ないと思いますが、第11章の条件分岐以降のいくつかの章は、本書一つでは使いこなせないと思います。悪い言い方をしてしまうと、「取ってつけた感」が否めません。(パソコンを使うのは初めてだけどプログラミングの勉強はしたことがある、という人が存在するならば話は別ですが。)やや辛口になりますが、本書の製作者は、本書を実際にuserに使ってみてもらったのかどうか疑問に感じました。全体的にすっきりとよくまとまってはいますが、内容のレベルに一貫性がないように感じます。

すべての23つのレビューを表示