発売日 2018年09月20日(木)

なぜ、世界のエリートはどんなに忙しくても美術館に行くのか?

著者名:岡崎 大輔(著者)

¥1,400(税別)

ISBN:
978-4-7973-9714-7
サイズ:
四六
ページ数:
200
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・岡崎 大輔

京都造形芸術大学アート・コミュニケーション研究センター専任講師 副所長。 阪急阪神ホールディングスグループの人事部門にて、グループ従業員の採用・人材育成担当を経た後、同センターに着任。対話を介した鑑賞教育プログラム「ACOP(Art Communication Project)」を、企業内人材育成・組織開発に応用する取り組みを行っている。 企業、行政、NPOほか各組織を対象に、セルフラーニング、チームビルディング、ダイバーシティをテーマとした研修プログラムや組織開発ワークショップを多数開発・実施。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 期待はずれな本でした。。。

    2.0
    シャンベリー

    辛口コメントで失礼します。この本の書かれていることも一理あるかもしれませんが、個人的には、あまり納得できませんでした。気に入らない点としては、まず、タイトルの「なぜ、世界のエリートはどんなに忙しくても美術館に行くのか?」に対する答えが、本の中には、ほとんどありませんでした。おそらく、このタイトルのほうが本が売れるからと編集者に言われてつけたのかなと思うほど、答えがない。8割程度が、アートに対する分析方法に関してでした。次に、本で一番割かれているアートの見方に関してですが、アート(絵画)をいかに分析するか?ということでした。分析することが、アートを理解することにつながるのか?と個人的には疑問に思いました。例えば、道端で、チャーミングな女性(男性)に会ったとします。笑顔が可愛く、素敵だなと思える人です。私は、それだけで十分だと思うのですが、あえて、その人の着けている服は、どんな服を着ているのか?一緒に歩いている人は友達かな?この人の生い立ちは、どんなのだろうか?職業は?と分析した上で、その人(アート)を見る。そんな事をしてアートを純粋に楽しめるのかな。と、ふと思いました。いい人(アート)は、オーラがあるし、ひと目見て、良いなと思うだけでいいのではないでしょうか?学問的になりすぎていて、私には、小難しかったです。

  • 2.0
    powerhouse

    山口周著のベストセラー『世界のエリートはなぜ美意識を鍛えているのか』で取り上げられた「VTS」と「エリートの美意識の鍛え方」を具体的に明かそうとした試みの本です。行間が広いので、1時間もあれば読了します。VTSとは何かをさっと概観したい方には良いかもしれません。ただ、世界のエリートが忙しい時間の合間に、いかにもここに書かれたVTSを行っているような誤解を招くことが怖いです。欧米ではVTSは基本的に12歳までの子供を中心に行われています。少なくとも世界エリートがこぞって実践している鑑賞法ではないです。評価も賛否分かれています。

  • 美術鑑賞への考え方が変わります

    4.0
    Yam9

    本書の手法は、ビジネスの参考になるものでした。自分にとっては、特に対話型鑑賞が目新しいものでした。このような鑑賞法は、なんとなく頭で分かっていても、はっきりと文書にされると納得できるものです。タイトルに惹かれて購入。エリートが美術館に行く理由と本書の鑑賞術との関連の記述は若干弱い気がしますが読む価値はありました。

すべての15レビューを表示

  • 佳音

    題名からしてわかりそうなものじゃんと自分に突っ込みを入れた。パラパラ読んで、三ページで図書館に送り届けました。 続きを読む

  • Kentaro

    アート作品を鑑賞するということは、正解のない問いに主体的に取り組み、自分なりに答えを導き出すという行為である。明確な答えが出ない状態にあっても考え抜く力がアートにはある。従来のビジネスにおける「答えはひとつ」という前提は、善悪、好き嫌い、嬉しい、悲しい等、二元論で物事を考える習慣につながる。一方、アート作品には、ひとつの事実に対して、複数の解釈が成り立つのがふつうでもある。アート作品の鑑賞によって、物事から複数の可能性を見出す観察力、観察から取り出した事実に基づいて論理的かつ体系的に思考する力も身に付く。 続きを読む

  • Takeya

    8視点を手がかりに鑑賞を深める 初級編①直感を言葉に 頭に浮かんだ事を口に出す 初②区切って見る(対比) 焦点を合わせる 場所を絞る 初③要素を組合わせる 取出した要素 同士を掛け合わせて考える 中①立場を変える 自分以外の人に視点を移す 中②連想する 思い起こさせられる事を言葉に 中③抽象化する 具体的な要素から想像を発展させる 上①喩える(置き換える) 作品に意味付けする 上②自分のモノの見方を疑う 自分の考えを自分自身で問い直す 一人で対話型鑑賞する方法 作品の選び方 美術館へ行かず鑑賞する方法 続きを読む

すべてのレビューを読む