発売日 2018年09月20日(木)

ごはんのきほん レシピを見ないで作れるようになりましょう。

著者名:有元葉子(著者)

¥1,500(税別)

ISBN:
978-4-7973-9733-8
サイズ:
A5
ページ数:
184
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・有元葉子

有元葉子(ありもと・ようこ)
3人の娘を育てた専業主婦時代に、家族のために作る料理が評判となり、料理家の道へ。素材を活かしたシンプルでおいしい料理だけではなく、洗練された暮らしぶりや、軽やかに人生を楽しむ生き方が世代を超えて熱い支持を集めている。メーカーと共同開発するキッチン用品「ラバーゼ」のシリーズは使いやすさと機能美を追求し、ファンが多い。不定期で開催される料理教室は、毎回多数のキャンセル待ちが出る人気。著書に『私の住まい考:家と暮らしのこと』(平凡社)、『使いきる。』『毎日すること。ときどきすること。』(講談社)、『だれも教えなかった料理のコツ』(筑摩書房)、『決定版253レシピ ようこそ、私のキッチンへ』(集英社)などがある。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 美味しい料理をなる べくレシピを見ないでつくりたい方にお勧めしたい本です。

    5.0
    神戸市在住

    料理のレシピ本といえば、普通塩〇〇グラム、玉ねぎ半玉といった風に材料の量が定量的に示されているのですが、この本はそういった表現をとっていません。例えば、パスタのゆで方では「ゆで湯をなめてみて、しょっぱいと感じるぐらい。そういう塩のお湯の中で、パスタはゆでるのです。」といった感じです。別の料理家の栗原はるみさんが、あるTV番組の中で自分の料理本が「~〇〇グラムと表現されたとき、もうそれは私の料理ではない。」というふうなことをいっていましたが、料理とは感性であって、美味しさとは感性的なものなのですが、この料理本はそういったコンセプトで全体がつくられています。だから、この本のサブタイトルにあるように「レシピを見ないで作れるようになりましょう。」となります。また、ひとつひとつの料理のポイントとなるアドバイスも的確で魅力的です。美味しい料理をなるべくレシピを見ないでつくりたい方にお勧めしたい本です。

  • amminadab

    週刊誌の書評欄に売れているとあったので購入。本編も買ったが、こちらの続編の方が先に読めてしまった。最後の方に出てくる「献立はしりとり」というのがこの本の根本思想。いまどきの家族は少人数だから、買った食材は必ず余る。その余りものが悪くならないうちに使い切るためにはレシピにこだわらない柔軟さが必要、というわけ。料理ごとにざっくりと短い説明があって通読容易。読むだけで楽しいが、つい作ってみたくなる。ブロッコリーのパスタを試してみたが失敗。茹で汁を足したらしょっぱくなってしまった。

  • Amazon Vine 先取りプログラム メンバーによるカスタマーレビュー

    ご飯の保温を見た瞬間から、嫌な予感がしました…「おひつにうつしましょう」「おひつのごはんは傷みにくいです」いやいやまって、いくら美味しくても傷みにくくても、無理だから!おひつとか買って炊けたらうつすの、それ無理ですから!気を取り直して次はみそ汁。煮干しを激推しされています。そうか煮干し…と思って購入してきまして、ちゃんとはらわたと頭をとりのぞき、冷蔵庫で出汁を取りました。さて夜になってみそ汁作り。…みんな美味しいって言ってくれません…わが家はいつもの鰹節&昆布のほうがあっていたみたいです。一緒に油揚げ。…そうか、和の部分を開いてから激細にするとそんなに美味しいのね。なるほど。しかし……作ってみましたが…あれ?普通だな、という感想。まぁこれは私の料理の腕の問題かもしれない。でも、そうそう、そうだよね、というのもありましたよ。トマトは輪切りにするとか、蒸すことのススメなど。私は有元先生のご本を拝見するのは初めてだったんですけど、ちょっと敷居が高い…感じがしました。(特におひつ!おひつは無理だから!)かとおもえば「パスタを上手に取り入れましょう」というカジュアルなのもあり。(「夜ご飯にパスタ出したら二時間後に腹減ったーって言われないのかな…」という提案もあったり。)私の料理の心の師匠は故小林カツ代先生なのですが、やはり普通の先生のご指導は難しいんだなぁ、と思いました。

すべての31レビューを表示

  • riviere(りびえーる)

    ごはん類、煮干しダシのおみそ汁、野菜のシンプルおかずそしてパスタ。どの料理も作り方の説明はおおらかで、押さえておきたい作り方のポイントと料理の魅力をメインに書いてあります。写真も美味しそうです。煮干しのおみそ汁は私もおススメです。昔から美味しいっていつもホメられます。そうか、ごはんをおひつに入れると美味しくなるのね。著者愛用の「秋田杉のおひつ」欲しくなったけどお高いんですね…。ブロッコリーのパスタはぜひ作ってみたくなりました。 続きを読む

  • ユウユウ

    レシピなしのレシピ本。野菜は旬であればそのままでも美味しいというところが好感高い。うちはグルテンフリーなのでパスタの項はとりあえず飛ばし読み。でも春夏秋冬に合わせた料理が紹介されていて手元に欲しいレシピ本。 続きを読む

  • たんぽぽ

    レシピを見ないで作れるようになりましょうシリーズはどれも素晴らしい。 そうなのよ、本質はこれね!と納得できることばかり。 真っ当で美味しい食事は、「映え!」なんてものとはまったく無関係なところにあるのよねぇ…と思うのに、シンプルな料理の写真が、とてつもなく美しい。 続きを読む

すべてのレビューを読む