発売日 2018年12月15日(土)

[Si新書]「ロウソクの科学」が教えてくれること
炎の輝きから科学の真髄に迫る、名講演と実験を図説で

著者名:マイケル・ファラデー(著者) 尾嶋好美(編訳)(編集) 白川英樹(監修)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-7973-9748-2
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・マイケル・ファラデー

編集・尾嶋好美(編訳)

監修・白川英樹

監修者 白川英樹(しらかわ ひでき) 筑波大学名誉教授。1936年、東京府(現・東京都)生まれ。小学校から高校卒業までを飛騨高山で過ごす。東京工業大学理工学部化学工学科卒業、同学大学院理工学研究科博士課程修了。工学博士。東京工業大学資源化学研究所助手、ペンシルベニア大学博士研究員、筑波大学助教授、同教授をへて、同学を定年退官。2000年、「導電性ポリマーの発見と開発」により、アラン・マグダイアミッド、アラン・ヒーガー両教授とともにノーベル化学賞を受賞。現在は子どもを含めた後進の育成に励んでいる。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

我が街の図書館では毎年正月明けに古い蔵書を市民にタダで譲るイベントがあります。何気なく見ていたら話題の本があったのでお持ち帰り。昔の文庫本は字が小さ〜い。
#ロウソクの科学 #ファラデー #ノーベル賞

長女と書店に行ったら【ロウソクの科学】持ってきた。学校で紹介されたそう。そういう話に興味を持って手を伸ばしてみたってことがなんか嬉しかったのと…その行動good!って思った

#ロウソクの科学 #本 #書店デート #d2c

先日誕生日を迎えた小5の子に『ロウソクの科学』をプレゼント。

本当は角川文庫の方を読んでほしかったのだけど、あまり本を読むのが得意な子ではないから、まずは角川つばさ文庫の方を渡すことに。
#ロウソクの科学

Load More...
  • 大科学者ファラデーの講演「ロウソクの科学」に改めて感動

    5.0
    kuma Sun.

     原本である「ロウソクの科学」が優れた児童書であることは言うまでもない。原本のベースとなったファラデーの講演は子ども向けだったとはいえ、科学者も含め大人たちも多数聴講していたという。 講演(全6回)の構成は実に良く練られている。ロウソクの炎から話を始めて、燃焼には何が必要であり、燃焼の結果として何が生じるのか、それらの見えない物質を実験の中でどうやって突き止めるか、また、炭素の燃焼の特徴(炭素は固体なのに、燃焼すると気体になる)を説明し、そこから人間も含めた動物の呼吸の不思議や、植物も含めた炭素循環にまで話が進む。それを子どもに分かるように説明していく。 本書は、原本の引用部分は括弧でくくり、地の文は編著者の解説となっている。地味な印象だった原本に比べて、カラー写真豊富でカラフル。 ロウソクのロウの蒸気(写真p.43)なんて見たことなかったし、「燃焼時の明るさが、固体で燃える物質(ロウソクの場合は炭素)の有無・多寡にかかっている」(p.56ほか)というのも新鮮だった。児童書だからといって侮れないと思った次第。

  • 5.0
    Amazon カスタマー

    ずいぶん昔に、学校の課題図書として「ロウソクの科学」を読んだことがありますが、早々に挫折しました。どのような実験なのか、何が起こっているのかが、想像もつかず、面白さがわかりませんでした。この本は、たくさんの写真があるので、ファラデーの話している内容がよくわかりました。最後のファラデーの子供たちへの言葉は本当に素敵です。そこに至るまでの実験やファラデーの言葉を理解できたからこそ、最後の言葉に感動できたんだなと思いました。ファラデーは素晴らしい科学者そして教育者だったんですね。

  • ロウソクから始まる魅力あるストーリー展開

    4.0
    TaHi

    原本を読まずに読んでみたが、実験に関するカラー写真が多く盛り込まれていてとても分かりやすかった。ロウソクの燃える仕組みがヒトの生命活動(呼吸やエネルギーの摂取)に繋がるストーリーに魅了された。

すべての51レビューを表示

  • ロビン

    「ロウソクの科学」をもっときちんと理解したいと思い一読。kindle版は固定レイアウトでハイライト等もできないので購入時は注意が必要である。文字は小さめだが、親切な解説やコラムが入るし、文明の利器・カラー写真がふんだんに挿入され実験が理解しやすく、原作ではもう一つよく分からなかったボルタ電池もイラスト付で説明があるし、起こった現象の化学式も載せてくれたりして整理され読みやすい。ただ原作には説明に頭を捻り己の想像力と格闘しながら読む醍醐味があるので、個人的には原作を一度読んでから本書を読んだ方がよいと思う。 続きを読む

  • びっぐすとん

    ミーハー丸出しで『ろうそくの科学』に手を出したものの実験の様子がイメージ出来ない私みたいな人にうってつけのお助け本。「?」ながらもきちんと本家を読んだ上で読むことをお薦めする、「あ~こういう実験だったのか」とすんなり受け入れられる。この時代にも電池があったんだ、今のものと大分違うけど。私の科学の理解度は19世紀の聴衆と同レベルなので、付録の化学式はちんぷんかんぷんだった。当時の人々には身近だったろうそくを使った講演。こういう講演が19世紀以来現在まで、クリスマスに行われるイギリスの文化度の高さに驚く。 続きを読む

  • ケニオミ

    「ロウソクの科学」有名な本ですね。僕も図書館のリサイクル本で持っていたんですが、なぜか読まずに再リサイクルしてしまいました。その後悔のためか、「ロウソクの科学」を解説しているる本があると知り、読むことにしました。研究所のアウトリーチは現在もう当たり前になっていますが、「ロウソクの科学」で描かれているファラデーの科学講演は当時としては画期的であったでしょう。どんな年齢であれ、好奇心を持ち続けるように願ったファラデーは、真の教育者と言えますね。若いお子さんがいれば、本書での実験をしてみることをお勧めします。 続きを読む

すべてのレビューを読む