発売日 2018年10月15日(月)

この終末時計、戻せますか? 進めますか?

著者名:朝日乃ケイ(著者) raiou(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-9807-6
サイズ:
文庫
ページ数:
248
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・朝日乃ケイ

イラスト・raiou

Twitter

Unable to load Tweets

  • タイトルはわかりやすい

    3.0
    赤いシューマッハー

    内容はここで大体わかりますから省きます。目新しい設定ではありませが、高い運命歯車値を持つ御終日暮が、終末時計の針を0にしないように「託宣」が出てそれを実行するのだが、その内容が、アテナの胸を触ったり、女子更衣室からパンツを盗んだりというのがちょっと面白い。ただ「御終日暮が鉈切舞姫にすき(鋤)と言わせる」という託宣はお話としては無理矢理っぽい気がします。日暮が舞姫に字が違うとはいえ、すきと言わせる事に躊躇するとかの方がいいと思う。あと今時の少年は「後生だから。」なんて言わないと思います。アテナのライバル?的存在のハデスが、中二病でぼっちで、騙されやすいで、結構このキャラはすきですね。あとがきに2巻を匂わせていますが、だとすると、エピローグの後の幕間でアテナの正体が明かされているのはどうかと思う。評価は☆3ではありますが、読みやすく面白い作品ですね。

すべての1レビューを表示

  • むっきゅー

    【試し読み】バタフライ効果。ちょっとした行動の変化が周囲に影響を及ぼし、それが連鎖的に伝わり結果的に世の中を大きく動かす。そんな特殊能力を持った主人公の元に、予言者を名のる美少女アテナが現れ、世界の終末を阻止する物語。ただし、世界を救うための行動が、オッパイを揉んだり、パンツ泥棒をしたりという変態紳士なヤツばかりな、アホなラブコメです。クラスメイトには、敵となる闇の占師(中二病の残念美少女)やロシアのエージェント(親友キャラの美少女)が登場。主人公や妹、先生にも裏の正体がありそう。【サイン本】→コメ欄へ 続きを読む

  • わたー

    【試し読み】主人公が世界の終末を回避するために、女の子の胸を揉んだり、クラスの女子全員のパンツを盗んだりする物語。バタフライエフェクトで終末を回避することができるのはいいが、その因果関係が何も説明されていないので、置いてきぼりを食らった。パロディ多めのギャグも私には合わなかったかなあと。 続きを読む

  • 真白優樹

    ごく普通の少年の前に謎の、女神の名を持つ少女が現れ、唐突に世界の崩壊を防ぐ為に、彼女の指示に従わなければならなくなる物語。―――いつだって、世界は滅びの危機にある? 幾ら何でもバタフライエフェクトのやり過ぎじゃとかのツッコミを遥か彼方に置き去りにする、これがラブコメだと言わんばかりに叩き込んでくるこの物語。正に勢いとノリで押し切り突っ走る、だけど割と真っ直ぐに純粋なラブコメであり、勢いに乗れるか乗れないかで評価が変わりそうな物語である。出来ればついてきてほしい。さて、続きとは。 次巻も須らく期待である。 続きを読む

すべてのレビューを読む