発売日 2017年10月13日(金)

魔法使いにはさせませんよ!

著者名:朝日乃ケイ(著者) 九童まいむ(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-9366-8
サイズ:
文庫
ページ数:
304
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・朝日乃ケイ

第9回GA文庫大賞≪奨励賞≫受賞

イラスト・九童まいむ

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 無難にまとまっていて、そこそこは面白いが・・・

    3.0
    ニア

    エロありラブコメディ+異能バトル要素もありとして、そこそこは面白いが、本当にそこそこで、この作品ならではの強みには弱いです。30歳まで性行為しないと魔法使いになれるという都市伝説を真面目に設定に盛り込み、魔法少女と対立があり、魔法使い候補は魔法少女に誘惑されるというエロ要素を組み込んだのは面白いと思います。ただ、その設定があまり今回はいきていない、というか、無難にまとめすぎて、メチャクチャ面白いというほど使えてないという感想です。まあ、新人1作目ですし、要求が高すぎかもしれませんが。面白くなりそうな要素は仕込まれているので、もう一皮むけたらさらに面白くなりそうな気はします。幼なじみが魔法少女として目覚め、エロに対して積極的になり、三角四角関係なるとか、よりエロコメディ色強めるとかあってもいいいんじゃないかなという気がします。 個々での設定を考えると、どうしても無難な分、中途半端な印象。設定の問題で派手な異能バトルにもしにくかったですし、主人公に性行為せまるエロコメディも、漫画やライトノベルでは珍しくないです(作品だと「あやうしDNA」とかありましたし)。エロも本番なしでも、どこぞのToでloveている作品や、2Hの作者さんのような風呂場での挿入だけしていないプレイやらありますし、もうトコトンギリギリまで攻めたほうが特色あったんじゃないかという気はします。まあ、特化すると、エロで媚びているとか下品とか非難もあり、評価わかれるでしょうけど。一応次回により面白く期待したい、キープ作品てとこでした。

  • 微妙

    2.0
    shimauma

    絵が気に入りません。ヒロインがあちこち別人です。正味うまくありません。表紙に騙されないように。ストーリー。コメディはとてもおもしろいのですが……。キャラ。どいつもこいつも、バカなの? なんで? て疑問ばかりです。カラーにしてみれば一色しかありません。

  • えっちい少女に迫られたい

    5.0
    助六座

    ラノベでえっちい女の子は大事だが、本番が無いのでその点はポルノに一歩譲らざるを得ない。

すべての8つのレビューを表示

  • よっち

    異世界からの侵略獣に人類が脅かされ、30歳まで貞操を守らないと対抗する魔法使いになれない世界。候補生鞘波黒刃が通う女子禁制の育成学院に魔法少女白啾なしろが転校してくる物語。共通の敵がいるのに魔法少女に貞操を脅かされる候補生の構図や残念エピソードの数々には苦笑いでしたけど、幼馴染との約束のために魔法使いを目指す黒刃の秘めた力が発動するバトル、貞操を脅かすなしろの魅力に翻弄され幼馴染も心穏やかではいられないラブコメ展開、最後には執念の大技も炸裂したりで、荒削りながらも十分魅力ある作品でしたし続巻に期待ですね。 続きを読む

  • むっきゅー

    異界からの進攻が始まって100年。唯一の対抗手段が魔法で、国を上げて魔法使いを育成するシステム。自動的に魔法少女になれる女性に対し、男は30歳まで貞操を守らないと魔法使いになれない。幼馴染との約束で魔法使いを目指す主人公・黒刃には隠された秘密があり、同じ日本なのに何故か敵対している魔法少女組織が、黒刃を魔法使いにさせないため、なしろちゃんを派遣して黒刃の貞操を奪いに行く。思春期の悶々感がよく出てて、ギリギリの所で耐え抜く黒刃の精神力。しかし、どいつもこいつも秘密をペラペラ喋りすぎ。ジャンプのマンガかよ! 続きを読む

  • たこやき

    30歳まで童貞なら魔法使いになれる。そんなネタを元にした話。人類を脅かす「侵略獣」に対抗できるのは魔法使いと魔法少女。魔法使い候補生の黒刃の貞操を狙う魔法少女のなしろ。ハーレムモノはありふれているけど、派閥争い。一方で黒刃も守りたいものがあって、というので一線を越えないとか、そういう辺りは設定の妙。というか、それで押し切った感あり。というか、一番の疑問なのは、学園長。娘に甘々で、っていうのはわかるが、自分の娘が男と……っていうのは父親的にどーなの? と…… 続きを読む

すべてのレビューを読む