SBクリエイティブ

AIは「月が綺麗ですね」を理解できるか?

岡本裕一朗:著者

愛と人工知能を哲学する

性愛、家族愛、推しへの愛……言語哲学のプロが徹底解剖! この愛の言葉を、AIは理解できるのか?

古くから、それはきっと人類が誕生したころから、“愛”という概念、感情は存在している。抽象的で捉えられないその感情は、言葉なくして表せられない。そうしたヒトの感情を、近年技術界で活躍しているAIという存在は理解できない。ヒトの仕事がAIに奪われているとは言いつつも、感情を伴う仕事は奪われることはないと人々は言う。しかしそれは、真実だろうか?
そこで本書では、さまざまなフィクションの「愛にまつわる言葉」を紹介。その言葉の意味や、性愛・友愛・家族愛・推しへの愛などのヒトが持つ(ヒト自身も理解に悩む)“愛”について、AIは理解できるのか、そもそも言葉を理解できるとは、愛を理解できるとはどういうことなのかなどを、言語哲学の視点から解説する。

第1章 ヒトもAIも、“愛”を理解できるのか?
1.「愛」とは何か、説明できるか?
2.「言葉を理解する」とはどういうことか?
3.「AIは愛の言葉を理解できない」のか?

第2章 あのコの“愛”を理解できるか?
1.偉人の愛言葉を理解できるか?
2.文豪の愛言葉を理解できるか?
3.名作の愛言葉を理解できるか?

第3章「セックス×愛」を理解できるか?
性愛とセクシュアリティ
1.命題「男女の友情ある・ない問題」を理解できるか?
2.「セックスのない愛」を理解できるか?
3.「AVのセックスには愛がない」を理解できるか?
4.「快楽・生殖・愛のためのセックス」を理解できるか?
5.「マイノリティの愛」を理解できるか?

第4章「推し×愛」を理解できるか?
1.「好き」と「推し」の違いを理解できるか?
2.「ガチ恋」を理解できるか?
3.「可愛さあまって憎さが100倍」を理解できるか?

第5章「家族×愛」を理解できるか?
1.「ペットも家族」を理解できるか?
2.「本当に無条件に愛されているのは親の方」を理解できるか?
3.「愛せない家族」を理解できるか?

定価:990円(本体900円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2024年8月7日(水)
  • ISBN:978-4-8156-2583-2
  • サイズ:新書
  • ページ数:256
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・岡本裕一朗

玉川大学名誉教授。1954年、福岡県生まれ。九州大学大学院文学研究科哲学・倫理学専攻修了。博士(文学)。九州大学助手、玉川大学文学部教授を経て、2019年より現職。西洋の近現代哲学を専門とするほか、哲学とテクノロジーの領域横断的な研究も行う。
著書に、『哲学100の基本』(東洋経済新報社)、『フランス現代思想史』(中央公論新社)、『いま世界の哲学者が考えていること』(朝日新聞出版)などがある。

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る