SBクリエイティブ

世界標準の説明力

岩澤康一:著者

説明がうまい人は、頭の中で構造化ができている

普段の会話、会議、営業、プレゼン……、
ビジネスやプライベートのさまざまな場面での
「言いたいことが伝わらない」がなくなる本。

国内外で活躍してきたコミュニケーションコンサルタントが教える
「誰でも使える」「誰にも通じる」説明の基本的な構造とは?

アップル、マイクロソフト、ネスレ、アリババ、ボーイング、シェル……
世界の一流企業でも導入されている世界標準の「説明のフレームワーク」を
解説とワークを通じて、身につけていきましょう。

伝わる説明に欠かせない要素とは何か。
その要素をどのように構造化(整理し、組み立てる)すればよいのか。
説得や交渉といった目的別、会議や営業といった場面別にはどうすればよいのか。
また、相手の説明を、どのように頭の中で整理しながら聞けばよいのか。
そして、さらに説明力を上げるための細かいノウハウ、テクニックも紹介。

はじめに 言いたいことが伝わる「世界標準の説明力」
CHAPTER 1 伝わる説明は「構造」が違う
「説明」に大切な要素を分解して考える
・大切な要素①「だれへ」の説明なのか
・大切な要素②「何を」説明するのか
・大切な要素③「どういう状況で」説明するのか
・大切な要素④「どうやって」説明するのか
・大切な要素⑤「どうして」説明するのか
「ターゲットオーディエンス」を意識する
「目的」が説明にパワーを与える
その説明には響く「メッセージ」があるか?
メッセージの中でも一番大切なのは、「キーメッセージ」
・キーメッセージはただのまとめではない
説明のTPOと手段・様式
・「どういう状況で」=TPO
・「どうやって」=手段・様式
何が説明とその他のコミュニケーションを分けるのか?
・説明は「認知」ではなく「理解」を求める
・メッセージのないコミュニケーションはない
優れた説明が可能にする応用的なコミュニケーション
・説明が「説得」を可能にする
・説明と説得の積み重ねが「交渉」を可能にする
人間関係はすべて説明次第
説明の「構造」とは?
・逆ピラミッド型
・PREP法
・SDS法
「説明」の構造には世界標準がある
CHAPTER 2 世界標準の伝わる構造「メッセージハウス」とは?
メッセージハウスは世界標準
メッセージハウスの仕組み
メッセージハウスの使い方
・作れるところから自由に作っていく
・要素間の関連性を見つける
・優先順位を意識して仕上げていく
・解像度を調整して完成させる
【練習】転職活動で自分の強みを説明する場合のメッセージハウス
CHAPTER 3 「メッセージハウス」を使って説明する方法
メッセージハウスを活用した説明法
・逆ピラミッド型の論理構造への対応
・PREP法への対応
・SDS法への対応
・ピラミッド型の論理構造への対応
説明の目的別にメッセージハウスを活用する
・「説得」への対応
・「交渉」への対応
・「和解」への対応
メッセージハウスを使いこなすために
・頭の中にメッセージハウスのイメージをインプットする
CHAPTER 4 「メッセージハウス」で相手の説明を読み解く
ジョブズの名スピーチを読み解く
「スター・ウォーズ」のセリフを読み解く
村上春樹の言葉を読み解く
CHAPTER 5 「メッセージハウス」でビジネスを制する
【雑談】「おもろく、遊びながら、良い加減に」で解決
【会議】まずは「広く、高く、遠く」。そして「狭く、低く、近く」で解決
【商談】「共感を広げて、正しくて、驚くようなコミュニケーション」で解決
【報連相】「説明」にフォーカスして解決
【プレゼン】「説得」「交渉」「和解」にフォーカスして解決
CHAPTER 6 こうすれば、あなたの説明はもっと伝わる!
メッセージハウスをパワーアップさせる方法
・ニュースバリューで注目を集める
・「SF的情報発信」で変化を語る
・「ジャーナリズム的情報発信」で社会もよくする
メッセージを伝えるチャンスを増やす方法
・ブリッジングでつなぐ
・オープンクエスチョンを利用する
・フレーミングでTPOを整える
謝罪を効果的に伝える方法
・メラビアンの法則を忘れない
・「Wの悲劇論法」で乗り切る
・「X責任計画法」で冷静に対応する

定価:1,870円(本体1,700円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2024年9月29日(日)
  • ISBN:978-4-8156-2311-1
  • サイズ:46判
  • ページ数:288
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・岩澤康一

コミュニケーションコンサルタント
株式会社Key Message International 代表取締役
TBSワシントン支局、国連開発計画(UNDP)東京オフィス、国際協力機構(JICA)エジプト事務所、外務省在シリア日本大使館、赤十字国際委員会(ICRC)南スーダン代表部、日本国際問題研究所(JIIA)など、日本・米国・欧州・中東・アフリカで勤務。ドキュメンタリー制作やビデオ記者経験を経て、国内/外資のファームでグローバル、デジタル、動画、リスク領域の広報コンサルティング経験を積む。コミュニケーション業界における経験は20年以上。セミナー・トレーニング実施件数は数百件に上る。
現在は独立して株式会社Key Message Internationalを立ち上げ、営利・非営利を問わず国内外のクライアントに対し、コミュニケーション領域のコンサルティングを提供。同社は世界最大規模の独立系PR会社ネットワークであるIPRN(International Public Relations Network)の認定会員となっている。
米アメリカン大学より国際平和紛争解決法修士号、早稲田大学よりジャーナリズム修士号取得。PRSJ認定PRプランナー。情報経営イノベーション専門職大学客員教員。東京国際映画祭スーパーバイザー。Sci-Fi Prototyping Design(SFPデザイン)メンター。日本広報学会、日本メディア学会、日本平和学会、日本コミュニケーション学会、異文化コミュニケーション学会に所属。日本広報学会では「武力紛争下のコミュニケーション研究」(学会賞受賞)と「SFを活用した情報発信研究」の主査を務めた。

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る