発売日 2019年01月15日(火)

我が驍勇にふるえよ天地9 ~アレクシス帝国興隆記~

著者名:あわむら赤光(著者) 卵の黄身(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-9918-9
サイズ:
文庫
ページ数:
280
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・あわむら赤光

イラスト・卵の黄身

広島県出身。
第1回GA文庫大賞《奨励賞》受賞。
代表作にTVアニメ化作品『聖剣使いの禁呪詠唱』のほか、
『あるいは現在進行形の黒歴史』や『百神百年大戦』など。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 面白い

    4.0
    通りすがり

    すごく盛り上がってきた。全巻見てます。どんなキャラでもそれなりに役割を持たせてまたうまく描けています。戦争もの好きな人はハマると思います。ハラハラしながら見せてくれますよ。ちょっとだけ気になるところは、仲間になるんだろうなってキャラはけっこう仲間になってしまい、そして死ぬ人もなんとなくわかってしまうところ。もっと気になるところは戦争なのにめちゃくちゃ女性キャラが多く、それとのからみのシーンがだらだらと長いのでそこでけっこう冷めてしまうところ。この作品見始めた人はたぶん恋愛要素とかあまり求めていないと思います。覇王になって統一する話だと思って見てるので、たくさんドロドロして、バーンと描いて欲しいです。

  • 4.0
    カスタマー

    巨大な敵を粉砕して盤石だと思えばまた大きな敵と、戦いのインフレのコントロールが非常にうまいと毎巻関心させられます。シェーラの2Pカラーのシェヘラザードが登場。レオナート側との邂逅も非常に楽しみです。行間読ませるのが上手いのか、毎回読後2巻分ぐらい読んだような錯覚に陥ります…。

  • この作品の世界感に魔術は場違いすぎる

    2.0
    ess

    個人的に戦記もので絶対に許せないタブーが、魔術や魔法のない武力と知力のみで戦う世界感に、場違いな魔術や魔法などのチートを使うキャラが登場してくること。いくら戦略や陰謀を練ろうとも遠く離れた場所からその様子をリアルタイムで覗き見ているので全ての情報がダダ漏れ。遠方へのもっとも早い情報伝達の手段が手紙や言伝を馬を飛ばすいう科学が未成熟な世界感でこれをやられたら、ご都合主義な展開にでもならない限りどう対処のしようもない。相手側のあらゆる努力を無に帰すチート行為である。実際に「デルフィニア戦記」や「アルスラーン戦記」、「烙印の紋章」などの別のファンタジー戦記ものでも同様に魔術や魔法などの場違いなものが登場するが、これらもまた魔術を使う側がものすごく無能なミスを連発したり、なぜか相手に魔術が効かなかったりなど、そのどれもが空気を読んでいないご都合主義的展開で白けさせる。「ロード・オブ・ザ・リング」などのように明確に魔法や不思議な物事が存在する世界感ならいいが、それらが存在しない世界感で唐突に登場してきても場違い極まりない。

すべての4レビューを表示

  • よっち

    キルクス、カトルシヴァ両皇子との緒戦は引き分けるも、アドモフと組み着実に力をつけていくレオナート。それを危惧したパリディーダ帝国の魔女・シェヘラザードがキルクスにツァーラント、ガビロンの両帝国と同盟を結び同時に攻め込んでくる第九弾。三方向からの侵攻でまずは苛烈な騎士校アルフレッド公率いるツァーラントを迎え撃つアドモフ軍。消耗戦を強いられる展開でお互いの将軍たちの存在感は際立っていて、強敵相手でも変わらないレイヴァーンのしたたかさやその信念がよく出ていました。ガビロンを相手にするレオナートの戦いも期待です。 続きを読む

  • わたー

    ★★★★★アレクシス軍も大きすぎる代償を払ったキルクス、カトルシヴァとの三つ巴の争いから数ヶ月。領土を3つに分割した彼らは、束の間の平和を享受していた。しかし、パリディーダの毒婦の魔手が伸びる…ということで、三国によるアレクシス殲滅戦が始まる。敗戦から始まったこの物語も、遂に主人公たちが列強側に立たされる日が来ようとは感慨深い。今回は、レイヴァーンと騎士公アルフレッドがぶつかり、その凄惨な戦争をまざまざと見せつけてくれたが、続くレオナートたちはどんな戦いをするか楽しみにしたい。 続きを読む

  • 真白優樹

    二人の皇子との緒戦が痛み分けに終わり、戦力再編に励む中、魔女による三帝国同盟がレオナートを狙い動き出す今巻。―――示せ、王たる者の鬼謀の戦術。 徐々に新しい軍も形となり、一時の静寂の中、魔女の思惑が新たな戦を招く今巻。 世はまさに大戦国時代、全てが終わるまで休まる時などありはしない。その事実を示すかのように新たな強者達が戦場へと集い、凄惨な戦が新たな始まりを告げる、再び身を焦がす熱さがたまらぬ巻である。策がなり、敵を減らす事には成功するも、英雄集う軍隊にどう立ち向かうのか。 次巻も須らく期待である。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品