発売日 2019年05月01日(水)

知ってはいけない現代史の正体
グローバリストに歪められた「偽りの歴史」を暴く

著者名:馬渕睦夫(著者)

¥830(税別)

ISBN:
978-4-7973-9988-2
サイズ:
新書
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・馬渕睦夫

元駐ウクライナ兼モルドバ大使、元防衛大学校教授、現吉備国際大学客員教授。
1946年京都府生まれ。京都大学法学部3年在学中に外務公務員採用上級試験に合格し、1968年外務省入省。1971年研修先のイギリス・ケンブリッジ大学経済学部卒業。2000年駐キューバ大使、2005年駐ウクライナ兼モルドバ大使を経て、2008年11月外務省退官。同年防衛大学校教授に就任し、2011年3月定年退職。2014年4月より現職。著書に、『いま本当に伝えたい感動的な「日本」の力』『国難の正体』(以上、総和社)、『「反日中韓を操るのはじつは同盟国・アメリカだった!』、『そうか、だから日本は世界で尊敬されているのか!』(ワック)などがある。

Twitter

  • ミッキー・ダック

    著者は元駐ウクライナ大使。歴史的事件の検証を通して衝撃的な真相を暴く。◆20世紀初頭から世界を動かしてきたのはユダヤ系国際金融資本。アメリカの金融・司法・メディアを牛耳って政府を操り、彼らのビジネスのためにグローバリズムを推進する。◆驚きは現代世界の歴史的事件のほとんどが彼らによって作られていることだ。彼らは米国民のためではなく、多国籍企業や軍産複合体の利益のために戦争や内戦を仕組む。世界平和や自由民主主義を大義に、国連を使って他国に内政干渉し、紛争の種を撒いては国家を分断し弱体化させる。 続きを読む

  • しゅわっち

    この本に感謝いたします。たくさんお方に読んでほしい本です。著者の本が初めての方は、どこまで理解できるかわかりません。でも、特に左翼の方に読んでほしいです。歴史の疑問に思う内容をひも解いてくれる本です。これを読むことにより、グローバルと国際金融について理解が深まると思います。また、国際金融が、中国を2025年につぶしことを計画してる内容は、驚きました。 続きを読む

  • トラ

    興味深く読みましたが、陰謀論的な側面は否めません。「国際金融資本家」という単語が何度も出てくるのですが、果たして彼らは一致団結してそこまで事象を操れるのかなという疑問はありました。とはいえ、全ての事柄に彼らが絡んでいないとも思えないので、著者の見立てには一部同意します。また、安倍首相はナショナリストなのかもしれませんが、今はグローバリストのように思えてきてしまっています……。 続きを読む

すべてのレビューを読む