発売日 2019年05月01日(水)

知ってはいけない現代史の正体
グローバリストに歪められた「偽りの歴史」を暴く

著者名:馬渕睦夫(著者)

¥830(税別)

ISBN:
978-4-7973-9988-2
サイズ:
新書
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・馬渕睦夫

元駐ウクライナ兼モルドバ大使、元防衛大学校教授、現吉備国際大学客員教授。
1946年京都府生まれ。京都大学法学部3年在学中に外務公務員採用上級試験に合格し、1968年外務省入省。1971年研修先のイギリス・ケンブリッジ大学経済学部卒業。2000年駐キューバ大使、2005年駐ウクライナ兼モルドバ大使を経て、2008年11月外務省退官。同年防衛大学校教授に就任し、2011年3月定年退職。2014年4月より現職。著書に、『いま本当に伝えたい感動的な「日本」の力』『国難の正体』(以上、総和社)、『「反日中韓を操るのはじつは同盟国・アメリカだった!』、『そうか、だから日本は世界で尊敬されているのか!』(ワック)などがある。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 暗躍する歴史戦”を展開する「国際金融資本家」への“挑戦”は絶え間なく続く。

    5.0
    SARAH

  • 5.0
    waka

  • 高校で世界史の授業を受ける前に必須のワクチン ディープ・ステート史のハンドブック

    5.0
    月下乃読書人

すべての56レビューを表示

  • トラ

    興味深く読みましたが、陰謀論的な側面は否めません。「国際金融資本家」という単語が何度も出てくるのですが、果たして彼らは一致団結してそこまで事象を操れるのかなという疑問はありました。とはいえ、全ての事柄に彼らが絡んでいないとも思えないので、著者の見立てには一部同意します。また、安倍首相はナショナリストなのかもしれませんが、今はグローバリストのように思えてきてしまっています……。 続きを読む

  • fseigojp

    にわかに信じがたいエピソードばかりだが、一定の真実味はあるのであろう 続きを読む

  • Honey

    馬渕さんのご著書、新刊が出るたび、補足説明や最新情報も加わり、より判りやすくまとめられていて、いつも感動してしまうのですが、 ふと、戦後教育に染まってきた人が、初めてこの本を読んだとき、やはりすべてをすんなり受けとってもらえないかも、とも思いました。 残念ながら私の周囲の人たちは、そもそも世界の歴史や国際政治にあまり関心があるように見えないからです。(小説だったり、ドラマだったりすれば別ですが。) なので、単に本を紹介するのではなく、内容をかみ砕いて地道に広め伝える努力を継続しなければ、と。 続きを読む

すべてのレビューを読む