SBクリエイティブ

新版 知ってはいけない現代史の正体

馬渕睦夫:著者

教科書には書かれない真実の現代史。
グローバリストに歪められた「偽りの歴史」を暴く!

※本書は2019年5月に小社より刊行された『知ってはいけない現代史の正体』(SB新書)に、2020年以降の最新情報を、加筆・改筆・再編集したものです。

「誰が戦争を望み、利を得てきたか」
そこから、本当の歴史がみえてくる。
歴史は国際金融資本=グローバリストによって都合よく捻じ曲げられてきた!
世界の真の支配者が基盤を固めた100年程前までさかのぼり、混迷する現在まで。
第二次世界大戦から、ウクライナ戦争、イスラエル・ハマス戦争など最近のニュースも含めた新版。
元駐ウクライナ大使の著者が歴史の真相を明らかにします。

■国家に干渉できる権力を持つ機関の出現が国際連盟
■ニューディール政策の目的はアメリカ経済の社会主義化
■戦後処理の大枠を決めていたのはロンドンの銀行家
■ジョージ・マーシャルこそが中華人民共和国の生みの親
■東西冷戦は仕組まれたデキレースだった
■ネオコンはウクライナをロシア攻撃の前線基地にした
■ハマスの奇襲をイスラエルは知りつつわざと攻撃させた
ほか

序章 「偽りの歴史観」(フェイクヒストリー)とは
第一章 社会主義者に仕組まれた日米戦争 【1917年~1941年】
第二章 国際金融勢力のための冷戦 【1941年~1989年】
第三章 ネオコンという金融マフィアの暗躍【1990年~2015年】
第四章 自国ファーストの逆襲 【2016年~2019年】
第五章 グローバリズムvsナショナリズムの世界最終戦争【2020年~】

定価:990円(本体900円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2024年4月7日(日)
  • ISBN:978-4-8156-2461-3
  • サイズ:新書
  • ページ数:264
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・馬渕睦夫

元駐ウクライナ兼モルドバ大使、元防衛大学校教授、前吉備国際大学客員教授。1946年京都府出身。京都大学法学部3年在学中に外務公務員採用上級試験に合格し、1968年外務省入省。1971年研修先のイギリスケンブリッジ大学経済学部卒業。著書に『国難の正体』(総和社 新装版:ビジネス社)、『世界を破壊するものたちの正体(高山正之氏との共著)』(徳間書店)、『ディープステート 世界を操るのは誰か』(ワック)、『日本を蝕む 新・共産主義』(徳間書店)、『道標 日本人として生きる』(ワニブックス)、『ウクライナ紛争 歴史は繰り返す 戦争と革命を仕組んだのは誰だ』(ワック)、『謀略と捏造の二〇〇年戦争(渡辺惣樹氏との共著)』(徳間書店)、『馬渕睦夫が読み解く2023年世界の真実』(ワック)など多数。2023年1月よりYouTube番組『馬渕睦夫チャネル ~日本の道標~』を開設し、「大和心ひとりがたり」を配信中。また、2023年2月より、月例講演会「耕雨塾」を開催している。

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る