発売日 2019年04月20日(土)

プログラミング教育対応 Scratchで楽しむプログラミングの教科書

著者名:北村愛実(著者) 犬伏雅士(監修)

¥1,780(税別)

ISBN:
978-4-8156-0010-5
サイズ:
B5変
ページ数:
256
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・北村愛実

監修・犬伏雅士

サポート情報

この商品に関してのお問い合わせは、右上の「お問い合わせ」ボタンからお願いいたします。
※ご意見、ご感想は、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • コードの中で黄色系のイベント、制御の白抜き文字が見づらい

    5.0
    週末自転車乗り

    目を凝らしてみても、黄色のコードの白抜き文字がなんて書いてあるのか判読しずらい。内容は小学生が独学できる内容です。青系色だと読めますけどね。内容構成はよく出来ています。6章はサンプルから本に書かれているところを消して書けば良いと思う。問題はスプライトの中に花がないのに実行すると粒が種に当たると花になる点→コスチュームの中に花がありました。こんな事もできるとは驚きです。ybさんが「動かない」と言ってますがプログラムを見て、あるkeyを押すと地面の下に種が動き出します。教科書を書き移すだけの1~5章まででコードのブロックパレットの使い方に慣れて、6章からはトラップで処理の流れの重要性を考えさせているのかな。ゆくゆくはゼロからそれぞれのスプライトの処理がコーディングできないとゲームはできませんからね。7章がスプライトと背景の取扱いと復習です。途中で猫のスクリプトを消してしまい、動かなくなり最初から作る。動かないと教材のセイにしたくなるが、結局自分のチョンボです。サンプルに正解があります。動かないときは正解と比較してみるとすぐ分かります。250頁を1週間で読破。プログラムが動かなかった事が2回ありましたが、ステップが抜けていました。楽しめたので、評価3→5にしました。

  • 小学4年生に

    5.0
    ありんこ

    小学4年生の子供に購入しました。以前からプログラミングに興味を持っていたようで、楽しそうに取り組んでいました。内容は教科書のような感じで文章の説明も詳しいです。ちょっと難しいかなと思いましたが、漫画や図解もあったりして、さっそく子供だけで簡単なゲームを作っていました。普段はマインクラフトをゲーム機でやる程度でパソコンはほとんど触ったことがありませんでした。最初にダウンロードしたりする作業は親が手伝いましたが、中高学年には丁度いい内容だと思います。ちょっとした時間に読み物としても活躍しそうです。

  • 内容に不備

    2.0
    yb

    Part6のプロジェクトを読み込んだところ、取り組む課題の答えが表示されてしまった。またプログラムもうまく動かない...

すべての3つのレビューを表示

  • 梨子

    読んでよかった度:★★★★★ 小3の息子がスクラッチにハマっているので、知識共有のために読みながら実践。 本は厚めだけど、漫画や実際の画面がほとんどだし、素材もすべて準備されているのでサクサク進む。 これ一冊読み終われば多少の試行錯誤をしながらファミコン時代レベルのゲームなら十分つくれる。 続きを読む

すべてのレビューを読む