発売日 2019年03月16日(土)

[Si新書]教養としてのビール
知的遊戯として楽しむためのガイドブック

著者名:富江弘幸(著者)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-8156-0080-8
サイズ:
新書
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・富江弘幸

1975年、東京都生まれ。法政大学社会学部社会学科卒。卒業後は出版社、編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国・四川大学への留学などを経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は、雑誌やウェブサイトでビール関連の記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。著書に『BEER CALENDAR』(ステレオサウンド)がある。

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

教養としてのビール"]
  • 美味しくお勉強ができます。

    5.0
    麗之介

    ビールにまつわる諸々の話題や情報をわかり約まとめてあります。写真も大きいし装丁も魅力的でお勉強がはかどります。読んだ日はぜったいビールが欲しくなると思います。美味しく学べる楽しい本です。

  • 入門書としては十分です。

    4.0
    seventyfive

    クラフトビールについてわかりやすく網羅的に知ることのできる書籍ってあまり多くないと感じてます。書店の「飲料」コーナーに行ってもあるのはワイン、日本酒、が多いような気がします。そのなかで、クラフトビールとは、それぞれのスタイルとは、というところをわかりやすく教えてくれます。カラーが多く(他のビール関係の書籍って文ばっかりでちょっと飽きちゃうのが多いです)楽しく読めます。その上で、じゃあ今までいろいろ書籍を読んできて、基本的なスタイルについてはわかってる、という人にとってはちょっと物足りないかもしれないですね。。あくまで入門書です。

  • 入門書としてピッタリ

    5.0
    つあらん

    ビールに興味がある、これからビールを学びたい、という方にお勧めの入門書。表紙の『この一冊でビールの今がわかる!』というあおりの通り、原料、醸造工程、スタイルなど一通りの知識が詰め込まれていて、ここからさらに知りたいことが出来たら、次のステップとしてより詳しい本を読めば良いような造りとなっている。

すべての4つのレビューを表示

  • コウメ

    牛乳が発酵したらヨーグルトができるように、ビールは大麦を水やホップ、副原料を加え、その成分の一部を酵母がアルコールと二酸化炭素に変えた発酵商品。/古代エジプトでもビールは飲まれていたのはびっくり!ピラミッド建設に携わった人たちにビールが配給されていて、この時のビールは濁っていて、泡もなく酸味の強い味わいになっていた。ヨーロッパでビール製造が盛んになったのは中世初期から、衛生的な飲み水が確保しにくかったヨーロッパでは、ビールは沸騰して造るビールは水代わりだった。 続きを読む

  • thee birdmen

    実に奥が深いビールの世界。ホワイトエールやスタウトなど、ある程度種類があるというざっくりとした知識は持っていたものの、一回読んだだけでは到底覚えられない情報量です。クラフトビールの定義が曖昧であること、細分化されたジャンルは150種類もあること、中には熟成させて飲むビールがあることなど、へぇ〜やほぉ〜が詰まっていました。時代とともに大手と小規模の製造業者が競うのではなく手を取り合う“シェア”が進んでいることは興味深かったです。 続きを読む

  • mae.dat

    「今日も元気だ。ビールが美味い。」の人です。ビールをテーマにした本は何冊かありますが、恐らく10年以上振りでしたので、学びがありました。当時から変わらない事も沢山ありますが。昨今では猫も杓子もIPAですもんね。このブーム歓迎します。で、セッションIPAって飲んで「こんなのIPAぢゃねー💢」って思ったことあるのですが、風合いはそのままに、度数を落としたスタイルの事だったのね。なんかすまん。 オクトーバーフェストも流行ってますね。大歓迎。今年は無理かも分からんけど、また楽しい集いができることを願います。 続きを読む

すべてのレビューを読む