発売日 2019年03月16日(土)

[Si新書]教養としてのビール
知的遊戯として楽しむためのガイドブック

著者名:富江弘幸(著者)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-8156-0080-8
サイズ:
新書
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・富江弘幸

1975年、東京都生まれ。法政大学社会学部社会学科卒。卒業後は出版社、編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国・四川大学への留学などを経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は、雑誌やウェブサイトでビール関連の記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。著書に『BEER CALENDAR』(ステレオサウンド)がある。

Twitter

教養としてのビール"]
  • コウメ

    牛乳が発酵したらヨーグルトができるように、ビールは大麦を水やホップ、副原料を加え、その成分の一部を酵母がアルコールと二酸化炭素に変えた発酵商品。/古代エジプトでもビールは飲まれていたのはびっくり!ピラミッド建設に携わった人たちにビールが配給されていて、この時のビールは濁っていて、泡もなく酸味の強い味わいになっていた。ヨーロッパでビール製造が盛んになったのは中世初期から、衛生的な飲み水が確保しにくかったヨーロッパでは、ビールは沸騰して造るビールは水代わりだった。 続きを読む

  • えっくん

    ★★★☆☆子供の頃大人は何故苦いビールを飲むのか理解できなかったですが、知らずとそのうまさがわかる大人になっていました。本書はビールの歴史や造り方、ピルスナー、IPA、スタウトといったビアスタイルや飲み方をガイドしていますが、ビールが如何に繊細で多様性に富んだものなのか驚きました。ビールをキンキンに冷やして、かぁっ~と飲むことも醍醐味ですが、料理とのペアリング、味覚、温度、グラスへの注ぎ方にもビールを美味しく味わう奥深い極意があるようです。スタウトがスイーツと相性がいいビールということも衝撃でした。 続きを読む

  • めい

    近年幾多の「教養としての○○」が発売されてる中でワインに続き読了。興味が偏りすぎではという意見は置いといて、本書はワインとは違って普段遣いができそうな話。歴史、製造法から種類、注ぎ方、料理までいろんな観点からビールを楽しむ方法が書かれており楽しく読める。 続きを読む

すべてのレビューを読む