発売日 2020年01月11日(土)

竜と祭礼 ―魔法杖職人の見地から―

著者名:筑紫一明(著者) Enji(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-8156-0396-0
サイズ:
文庫
ページ数:
320
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・筑紫一明

イラスト・Enji

Twitter

GA文庫「竜と祭礼 ―魔法杖職人の見地から―」筑紫 一明著

さすが密林ベストセラー
素晴らしいストーリーとキャラでした

主人公の「迷い」をぶれてると批判する方が居ましたが、主人公が迷ってはいけないのか?

この本はエロもギャグも無く、読者を引き入れる

一緒に竜を捜す旅をしている感じ

『竜と祭礼‐魔法杖職人の見地から‐』(筑紫一明)

黒髪褐色美少女につられて表紙買いたけど、それを忘れるくらいも面白かったし、なにより自分好みの「読み物」だった。
ミステリー8:ドラマ2ぐらいで淡々と謎を追う物語は、ファンタジーでありながらSF的な感覚を思い出させる。

Load More...
  • よっち

    師の遺言により少女ユーイの杖を修理することになった、半人前の魔法杖職人・イクス。姉弟子たちの助けも借りてどうにか破損していた芯材を特定した彼が、1000年以上前に絶滅した竜の心臓を求めて旅する物語。夏の終わりまでを期限とした竜の伝承を求めての探索、ユーイが抱える過去と杖が壊れた理由、明らかになってゆく竜が絶滅した真相。戦えない二人が主人公であるがために、派手な展開とは無縁でインパクトには欠けますが、しっかりとした世界観の中で動く登場人物の描写は繊細で、明かされた真実とその結末は心に響くものがありました。 続きを読む

  • サケ太

    非常に素晴らしいハイファンタジー。杖の修復を望む少女と職人見習いの少年。二人が出会い杖の秘密を探っていく。遺された物。遺された想い。長い年月をかけて伝えられたものの真意。悲しい過去。それから前に進む少女。師の言葉を胸に進む少年。面白かった。 続きを読む

  • nawade

    ★★★★☆ 一本の杖をめぐり、1000年以上前に絶滅した竜の心臓と呼ばれる何かを求める良質なハイファンタジー。もはや時代に反していると言ってよい程のストイックで高尚な物語だ。バトルもなく派手な展開もなく、師匠の残した杖を修理するために未知の素材を求め依頼者の少女と民俗学めいたフィールドワークをするというもので、ある意味、ひたすら地味な展開が続く。竜の伝承の探索という壮大なバックグラウンドを持ちながら、主人公達が求めるのは1本の杖の修理だけというギャップ、それを納得させるキャラ造形と世界観が興味深かった。 続きを読む

すべてのレビューを読む