発売日 2020年01月11日(土)

竜と祭礼 ―魔法杖職人の見地から―

著者名:筑紫一明(著者) Enji(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-8156-0396-0
サイズ:
文庫
ページ数:
320
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・筑紫一明

イラスト・Enji

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

  • 質の良いオールドファンタジー。展開が平坦かつ統一感がない

    3.0
    mit_ace

    職人もののファンタジー。派手なシーンは少なく、ミステリ風味に話が進んでいく。世界設定が凝っていて、描写も上手いので異世界感を存分に味わえる。キャラは造形は良いのだが、作中であまり掘り下げられないので親近感が湧きにくい。特にヒロインは、性格、生い立ち、過去の出来事とも非常によく出来ているのに残念。過去の出来事がもっとストーリーに関係してくれば面白かったのだが……。ゆったりとした展開は好き好きだが、現代の感覚からするとさすがに緩すぎるか。まともな危機も無いまま終わってしまったのは悪い意味で驚いた。これもキャラに愛着が持てない原因の一つ。より問題なのはストーリーの統一感の無さで、まるで前半後半で違う話を繋げただけのように見える。重要な要素であるはずの魔法杖が、ほぼ序盤しか出てこないのはどうなのだろう。ストーリーとキャラの絡みも薄く、主人公は大いに換えが効く上に大して活躍もしない。一応主人公たちの過去と、物語の核となる存在に関連性はあるのだが、唐突かつさらっと流されるため心に残らない。これ以外にも唐突に明かされる設定が多いのはマイナス点。総合すると、雰囲気を味わうにはいい小説。ストーリーに期待してはいけない。

  • 謎解きADVゲームのシナリオだけ読んでるみたい

    1.0
    Kindleのお客様

    このレーベルでこのタイトル、このイラスト、この平均評価なので期待したのですが、これはひどい。登場人物の半分がコミュ障で会話が飛ばし気味なのに文章の大半が会話劇で、背景描写も飛ばし気味で大胆に場面展開・ストーリー展開が行われる…これはゲームシナリオだと面白いかもしれないですね。謎を求めて聞き込みをしたり、図書館や教会で調べものしてみたり。遊んでるときはそうでもないのですが、そういうゲームのシナリオだけ取り出してみると攻略ヒントのための意味不明な仮説や意外性だけの強引な展開、ユーザ選択ゆえの無愛想で失礼な人間同士の会話と、それはそれで支離滅裂ながら面白いものでした。本作は完全にそれです。甘めに見ても小説として荒削りというのではなく、造りが違うと思いますね。何よりもキャラが生きてない。これはユーザーが操作する前提のキャラクターだと思います。

  • 1本の杖の修理からはじまる本格探求ストーリー

    5.0
    Millefeuille

    亡くなった師匠の遺言のもと、半人前の主人公の元に持ち込まれた、芯材の破損した1本の杖。芯材の材料は、1000年以上前に絶滅したとされる竜、その心臓と呼ばれる希少な鉱物?であった。そもそも1000年以上前に滅びた竜の「心臓」など、王家の宝物庫にあればいいくらいだろう、待て、師匠はどうやってこれを手に入れた?希少なだけで実は手に入るものなのか?竜というのは比喩で、本当はどこかで採れる鉱物なのではないか?そもそも竜は絶滅したのか?誰も見たという話が無いだけで、(恐竜が鳥類として現世に生きるように)姿かたちを変えて生きているのではないか?などと仮説と推理が論理的に組み上げられながら真実にたどり着く様が非常に面白い。いろいろ匂わせておいて最後が奇想天外なのも憎い。分かる方は少数とは思うが、『本物は1つでいい。』が信条の10年前に完結したコミック、あのスイス銀行のオール・ゼロの口座に金を振り込む物語を彷彿とさせた。図書館、ギルド、現地に手がかりを残し、かつ主人公の才能を見抜いていた亡き杖職人の名匠こと師匠の慧眼と、その期待に見事に応えた主人公に乾杯だ。続編も思案中とのことで、実に楽しみだ。

すべての20つのレビューを表示

  • スズ

    偉大な杖職人ムンジルの最後の弟子イクスは、東方民族の少女ユーイから、壊れたムンジルの遺作の杖を夏が終わるまでに修理してほしいと依頼される。杖の芯材が竜の心臓である事を突き止めるが、竜は千年以上前に絶滅した伝説上の存在で…。魔法を題材にした作品は数あれど、その道具である杖に焦点を当てた作品は物珍しく、世界観も丁寧に作り込まれており、様々証拠を集めて隠された真実を掘り起こしていく展開とユーイの秘密が明かされていく様子が面白い。宗教に伝説に失われた祭り等、どこか狼と香辛料を彷彿とさせる正統派ファンタジーです。 続きを読む

  • よっち

    師の遺言により少女ユーイの杖を修理することになった、半人前の魔法杖職人・イクス。姉弟子たちの助けも借りてどうにか破損していた芯材を特定した彼が、1000年以上前に絶滅した竜の心臓を求めて旅する物語。夏の終わりまでを期限とした竜の伝承を求めての探索、ユーイが抱える過去と杖が壊れた理由、明らかになってゆく竜が絶滅した真相。戦えない二人が主人公であるがために、派手な展開とは無縁でインパクトには欠けますが、しっかりとした世界観の中で動く登場人物の描写は繊細で、明かされた真実とその結末は心に響くものがありました。 続きを読む

  • まるぼろ

    有名な魔法杖職人であったムンジルに育てられ、また最後の弟子となった半人前の魔法杖職人のイクスが、ムンジルに杖の修復を依頼しようと村を訪れたユーイと言う少女と出会う所から始まるお話です。杖の修復と言うシンプルな目的な作品ですが、その目的に集中しているためかとても面白く読めました。また、龍の心臓の謎やユーイとトマ、ダン、ロザリアとの関係にユーイの杖が破損した真相などなど…、派手な所は無いものの素直に良い作品だと思いました。おそらく続きは無いかと思いますが、続刊するようならば是非読んでみたいです。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品