SBクリエイティブ

医者が考案した 記憶力をぐんぐん鍛えるパズル コグトレ

宮口 幸治:著者

教育界で話題騒然!「コグトレ」で、大人の「あっ、あれ忘れてた!」を改善しよう!

コグトレとは、「認知機能に特化したトレーニング」で、Cognitive(認知)とTraining(トレーニング)の略称です。
認知機能とは、「記憶、注意、言語理解、知覚、 推論・判断」などの知的な能力のことを指し、これらはトレーニングにより鍛えることができます。

1日5分、50日で完成! 記憶力を鍛える「コグトレ・パズル」です。
今回は、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん……大人の方もチャレンジしてください。

【目次】
●はじめに――「あっ、あれ、忘れてた!」はなぜ起こる?
・相手の名前が思い出せない、人と会う約束をすっぽかしてしまう、投函するはずの郵便物を出し忘れる……
・思い出したくない記憶は思い出さなくてもいい
・記憶の3段階で「覚えて→ 蓄えて→ 思い出す」
・記憶力とは「覚えておく力」だけではない、必要なときに「思い出せる」のが大事

●ぱっと一瞬覚える力じたいはみんなあまり大差はない
・人によって違うのは「忘れない」ための工夫、アレンジ力

●記憶力を高める方法はこの2つ:「リハーサル」と「符号化」
・こうやって覚える工夫をしよう
・コグトレで記憶力・注意力・集中力・処理速度もアップ

●本書の説明:展望記憶トレーニング
・「覚える」(展望記憶)+「数える」「見つける」「想像する」

●1日5分! 記憶力を鍛えるコグトレを始めよう!
・50日分クイズ&パズル(1日2ページ×50日分)

定価:1,430円(本体1,300円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2021年7月22日(木)
  • ISBN:978-4-8156-1070-8
  • サイズ:B5変
  • ページ数:128
  • 付録:-

初公開の「展望記憶」課題で忘れない工夫をトレーニング!

「展望記憶」の課題では、下欄で登場キャラクターたちがヒントを与えてくれます

覚え方は、基本的にみなさんにお任せですが。語呂合わせで覚えたり、関連したイメージを思い浮かべたりすると記憶に残りやすいでしょう。

複数の情報の中から共通点はどこか、違いはどこか? どこにどんなものがあるのかを頭の中で整理して、「視覚情報を整理する力」をアップさせます

著者紹介

著者・宮口 幸治

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る