SBクリエイティブ

C言語[完全]入門

松浦 健一郎:著者 / 司 ゆき:著者

<基礎編>
■Chapter1 C言語を学ぶための準備
そもそもプログラミングとは何か
C言語の特長を理解する
開発環境を導入する

■Chapter2 Cプログラミングを始めよう
最初のCプログラムを実行する
Cプログラムの基本形を読み解く
最初のプログラムを改造してみよう
エラーや警告が出たときの対処方法

■Chapter3 まずは書いた値をそのまま出力しよう
整数を書いてみよう
浮動小数点数を書いてみよう
printf関数を使いこなそう

■Chapter4 Cプログラムの醍醐味は式の計算
式を計算して結果を出力する
2進数を操作するビット演算子とシフト演算子
環境によるプログラムの動作の違いに注意する

■Chapter5 後で必要な値は変数に格納しておく
変数は宣言してから使う
整数型と浮動小数点型には多くの種類がある
変数の値を変更する
キーボードから値を入力する
値を変更できない定数を宣言する

■Chapter6 選択文でプログラムの流れを変える
演算子を使って条件を書く
条件に応じて分岐するif文
条件演算子で分岐を簡潔に書く
値に応じて分岐するswitch文

■Chapter7 繰り返し文で処理を反復する
インクリメントとデクリメントで+1と-1を簡潔に書く
for文で大部分の繰り返しは書ける
while文は条件式だけの繰り返しに向く
繰り返し文の流れを変えるbreak文・continue文・goto文
カンマ演算子で複数の式をまとめて書く

■Chapter8 配列を使って多数の値を管理する
配列は複数の要素から構成されている
配列を初期化して宣言と同時に値を格納する
配列のコピーは要素ごとに行う
多次元配列で表や行列などを表現する
実行時に要素数を決める可変長配列

■Chapter9 文字と文字列を操作する
文字の正体は文字コード
文字列の正体は文字の配列
文字列を操作する

<応用編>
■Chapter10 何度も使う処理は関数にまとめる
独自の関数を定義して呼び出す
関数に配列を渡す
関数に文字列を渡す
変数は宣言の方法で有効範囲と生存期間が変わる

■Chapter11 関数をさらに使いこなす
ある種のアルゴリズムで役立つ再帰呼び出し
可変長引数を使って任意個の引数を受け取る
関数の呼び出しを効率化するインライン関数と関数マクロ
総称選択を使って呼び出す関数を切り替える

■Chapter12 構造体で関連する値を一括して扱う
独自の構造体を定義して利用する
構造体を関数と組み合わせる
構造体を配列にする
メンバの配置を左右するパディングとアライメント
同じメモリを複数の型で操作できる共用体
ビット単位で値を詰め込めるビットフィールド

■Chapter13 ポインタはアドレスを使って対象を指し示す
ポインタを宣言してアドレスを格納する
ポインタを使って配列を操作する
ポインタを使って文字列を操作する
ポインタを使って構造体を操作する

■Chapter14 ポインタでメモリを自在に操作する
コマンドライン引数でプログラムの実行時に値を渡す
ポインタを指すポインタ
動的メモリ確保で自由なサイズのメモリを手に入れる
動的に確保したメモリのサイズを変える
関数ポインタで柔軟な処理を実現する

■Chapter15 ファイルを読み書きする
テキストファイルの入出力
文字単位のファイル入出力
バイナリファイルの入出力
書式付きのファイル入出力

■Chapter16 プログラムを分割する
別のソースファイルで定義した関数を呼び出す
複数のソースファイルで変数を共有する
ソースファイルの内部だけで使う関数や変数を作成する

<実践編>
■Chapter17 仕事の自動化に役立つプログラムを作る
プログラムを設計する
ファイルの一覧を出力する
拡張子ごとに集計する
結果をソートする

■Chapter18 ゼロからのプログラミングでAIの仕組みを学ぶ
プログラムを設計する
CSVファイルを読み込む
k-meansでクラスタリングする
SVGとHTMLで可視化する

■Chapter19 インタラクティブなプログラムを作る
プログラムを設計する
迷路を作るプログラム
迷路を解くプログラム
迷路を歩くプログラム
大好評の『Python[完全]入門』の著者が贈る、C言語の入門書です。
丁寧な解説と充実したコンテンツで、入門者から中上級者まで満足間違いなしの1冊です。

定価:3,520円(本体3,200円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2022年6月21日(火)
  • ISBN:978-4-8156-1168-2
  • サイズ:A5判
  • ページ数:850
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・松浦 健一郎

松浦 健一郎(まつうら けんいちろう) 東京大学工学系研究科電子工学専攻修士課程修了。研究所勤務を経て、フリーのプログラマ&ライター&講師として活動中。企業や研究機関向けのソフトウェア、ゲーム、ライブラリ等を受注開発している。

著者・司 ゆき

司 ゆき(つかさ ゆき) 東京大学理学系研究科情報科学専攻修士課程修了。学生時代から20年以上、プログラマおよびライターの仕事を続けている。書籍の執筆や翻訳のほか、ソフトウェアの受注設計開発を行う。

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る