文芸/小説/エッセイ
物理パラドックスを解く
物理パラドックスを解く

ジム・アル=カリーリ 著
松浦俊輔 訳
ISBN
978-4-7973-6937-3
サイズ
四六/1色
ページ数
320
価格
2300円+税
出版日
2013/03/07
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


最新物理学の力でパラドックスの正体を解明


物理学の9つのパラドックスを、著者ならではの軽妙な切り口で解明。物理理論から予言されることが、初めて見ると実に奇妙に思えるものの、理論の背後にある考え方を丁寧にひもとくことで解決していく課程は、楽しく胸がすく体験になるでしょう。
科学の世界には、「タイムマシンで過去に戻って祖父を殺したら自分は存在するのか」「宇宙のいたる所に星があるはずなのに、なぜ夜暗くなるのか」といった興味深い疑問(パラドックス)が存在します。こうしたパラドックスは、一見、回答不能に思えますが、 アインシュタインの相対論や、量子力学といった最新物理学の成果を使うことで、解き明かすことができます。
本書は、英国の著名な理論物理学者であり、テレビ番組のコメンテーターとしても活躍する著者が、誰もが関心を持つ9つのパラドックスを取り上げ、その謎をやさしく解きほぐしていきます。軽妙で機知に富んだ解説により、パラドックスの正体が明かされる過程は、読者にとって目から鱗が落ちるような体験となるでしょう。
誰もが楽しく読み進めることができる科学読み物の傑作です。

■目次:
1章 クイズ番組のパラドックス
2章 アキレスと亀
3章 オルバースのパラドックス
4章 マクスウェルの魔物
5章 小屋の中の長い棒のパラドックス
6章 双子のパラドックス
7章 祖父殺しのパラドックス
8章 ラプラスの魔物のパラドックス
9章 シュレーディンガーの猫のパラドックス
10章 フェルミのパラドックス
11章 残る問題


著者:ジム・アル=カリーリ(Jim Al-Khalili)
英国サリー大学の理論物理学教授で、テレビやラジオの科学番組の解説者としても活躍。一般向けの科学書をいくつも手がけており、邦訳に『見て楽しむ量子物理学の世界』(日経BP社)がある。科学の普及に関する業績により、2007年に英国王立協会のマイケル・ファラデー賞、2011年には英国物理学会のケルビン賞を受賞している。また、もしOPERA実験の超光速という結果が正しければ、皆の前で自分のパンツを食べてみせると宣言するなど、ユニークなキャラクターも持ち合わせる。

訳者:松浦俊輔(まつうら しゅんすけ)
科学関連書を幅広く手がける翻訳家。名古屋学芸大学非常勤講師も務める。訳書に、『とてつもない宇宙』(河出書房新社)、『群れはなぜ同じ方向を目指すのか?』(白揚社)、『広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由』(青土社)、『素数に憑かれた人たち』(日経BP社)などがある。
















企業情報 個人情報について