SBクリエイティブ

どうせ死ぬんだから

和田秀樹:著者

好きなことだけやって寿命を使いきる

50万部超の大ベストセラー『80歳の壁』の著者、和田秀樹先生が35年以上の高齢者診療で辿り着いた「極上の死に方」について説く。
・体にいいものよりラーメン週5
・金持ちより思い出持ち
・持つべきは地位や名誉より死生観
・「極上の死に方」を決めるのは医者ではなく自分
・参られない墓ならいらない
・人生の最後は「貸し」を返してもらおう……などなど、食生活や財産、医療との付き合い、死後のことまで、逝き方上手な高齢者から得た具体的な提案が満載。
「家族がいても、ひとりでも、ボケても、寝たきりになっても、どうせみんな死ぬんだから。
自分の死について考えることは、人生をよりよく生きるために最も大事」と語る著者の老いの本決定版!
後悔せずに、納得して最期を迎えるために必読の書です。

(※もくじは変更の可能性があります)

1章「どうせ死ぬんだから」
――私が自分の死を考えて、わかったこと

2章「極上の死」への第一歩
――「死生観」を持てばジタバタしない

3章「極上の死に方」は医者ではなく、自分で決める
――死ぬときに後悔しない生き方

4章 極上の「死に場所」を決めておく
――在宅介護で逝くより施設死を勧める理由

5章 「人間、死んでから」
――私がたどり着いた「極上の生き方」

定価:1,210円(本体1,100円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2023年3月4日(土)
  • ISBN:978-4-8156-1787-5
  • サイズ:新書
  • ページ数:224
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

1960年、大阪府生まれ。東京大学医学部卒業。精神科医。東京大学医学部附属病院精神神経助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、現在、和田秀樹こころと体のクリニック院長。高齢者専門の精神科医として、35年近くにわたり高齢者医療の現場に携わっている。 主な著書に、『70代で死ぬ人、80代でも元気な人』(マガジンハウス新書)、『80歳の壁』(幻冬舎新書)、『70歳が老化の分かれ道』(詩想社新書)、『老いの品格』(PHP新書)などがある。

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る