文芸/小説/エッセイ
12年目のパリ暮らし
12年目のパリ暮らし
パリジャン&パリジェンヌたちとの愉快で楽しい試練の日々

中村江里子 著
ISBN
978-4-7973-7348-6
サイズ
四六 カラー+1色
ページ数
240
価格
1400円+税
出版日
2013/07/20
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


中村江里子が初めて語る「なんで?」なパリでの日々



マルシェの肉屋の巨大なフックにだらりと吊り下げられたウサギたち、公衆トイレに落ちていたピンク色のトイレットペーパー、カヴァリエなギャルソン、22時を過ぎても始まらないディナー、いきなり服を脱ぐように言うあやしい医者、約束の時間に30分以上遅れても一言のお詫びもないパリジェンヌ、タバコの煙で充満した部屋で血の滴る肉を食べながら勝手にわめき散らす友人たち……そんなすべてに「ありがとう」の気持ちを込めて。パリ生活12年目を迎えた中村江里子が初めて語る、パリでの愉快で楽しい!? 試練の日々。


中村 江里子(なかむら えりこ)
本名Eriko BARTHES(エリコ・バルト)。1969年東京生まれ。立教大学経済学部卒業後、フジテレビのアナウンサーを経て、フリー・アナウンサーとなる。2001年にフランス人のシャルル・エドワード・バルト氏と結婚。生活の拠点をパリに移す。現在は3児の母で、パリと東京を往復しながら、テレビや雑誌のほか、執筆や講演会でも幅広く活躍中。著書に『マダムエリコロワイヤル』(講談社)、『ERIKO的 おいしいパリ散歩』(朝日新聞出版)などがある。

















企業情報 個人情報について