SB新書
40代から最短で速くなるマラソン上達法
40代から最短で速くなるマラソン上達法
SB新書シリーズ

本間 俊之 著
ISBN
978-4-7973-8349-2
サイズ
新書/1色
ページ数
256
価格
820円+税
出版日
2017/11/07
試読版
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


「ゆっくり」「長く」「ゼロからはじめる」


48歳・体重80㎏、健康診断でメタボ認定......酒もたばこもやる。
高校の同窓会に参加したところ、旧友が出場予定の町の駅伝大会に欠員が出たことから、かり出されたことがきっかけだった。
「1人3㎞の駅伝なんて楽勝だろう」――そう思って走出したのだが、メタボおやじだけに、最初は100mもまともに走れない。
頭は遥か30年前、学生時代の軽快さを記憶しているものの、悲しいことにカラダは一切ついてこない。
そんな自分を克服する心に火が付いた。
仲間との飲み会で酒の勢いからハーフマラソン、フルマラソンの出場を約束してしまった。

もともと理系のエンジニアで、R&D(研究開発)はお手のもの。
ランニングに関する本を読みあさり、"セルフR&D"に没頭した。
そして、走り始めてから1年半後、50歳で、なんとフルマラソン3時間切り(サブスリー)を達成。
さらに1年半後の今年1月、51歳8カ月で出場した別府大分毎日マラソンでは2時間51分26秒と驚異の記録を叩き出し、
Facebookの市民ランナーのグループで話題となった。

「何をしたか教えてください!」「本を出してください!」という声もあり、そんな期待にこたえるべく、本書でその全貌を公開する。

■目次:
はじめに
第1章 48歳・体重80㎏、ヘビースモーカーのメタボおやじ
第2章 「距離」ではなく「時間」で走る
第3章 「疲れを抜く」で速くなる
第4章 「スタミナ」がついたら「スピード」へ
第5章 練習法を見直す
第6章 メタボおやじ サブ3達成までの軌跡
第7章 サボらないための練習の工夫
第8章「持久係数」を活用せよ! 本命レース1か月前からの調整法
第9章 レース直前1週間の食事法
第10章 レース直前1週間のコンディショニング
第11章 かなり本気のレース戦略
第12章 非常識レース攻略法
第13章 低迷したら新たなことにチャレンジ
第14章 そして、R&Dは続く
終 章 マラソンランナーの究極の姿とは?


本間俊之(ほんま・としゆき)
ごく普通のサラリーマン。1963年横浜市生まれ。名古屋大学工学部卒。
超電導のエンジニアとして某メーカーでMRI(核磁気共鳴画像法)の技術開発等に携わった後、
外資系金融機関に勤務、現在に至る。
48歳のとき健康診断でメタボ認定される。
その後、高校の同窓会で町の駅伝大会の欠員補充にかり出されたことをきっかけに走り始め、
1 年半後にマラソン3 時間切り(サブ3 スリー)を達成。
2017年2 月、53歳9 か月で出場した東京マラソンで2 時間44分03秒の自己ベストを叩き出す。
陸上経験なし、1日30~40本の元ヘビースモーカー、右膝の一部靭帯なし、
無類の酒好きにして驚異の記録に市民ランナー界で話題となる。


SB新書

ISBNで検索
4-7973--X 















企業情報 個人情報について