SB新書
モリタクの低糖質ダイエット
モリタクの低糖質ダイエット
ぶっちぎりのデブが4カ月で19.9㎏減!
SB新書シリーズ

森永 卓郎 著
ISBN
978-4-7973-8860-2
サイズ
新書/1色
ページ数
184
価格
800円+税
出版日
2016/07/06
電子版を購入
試読版
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


デブよさらば!


経済アナリストとしてお馴染みの森永卓郎さん。
朝起きてすぐにカツ丼をぜんぶ食べ切るほどの大食漢だった。
1日5食が普通で、平均睡眠時間4時間という悪習慣を続け、食べるものは牛丼、天丼、ラーメン、カツカレーなど。
元・日本専売公社(現・日本たばこ産業)の社員だったこともあって、ヘビースモーカーでもある。
ピーク時の体重は94㎏、体脂肪は40%、30年間これといった運動習慣もない。
むろん、完全なるメタボと診断されていた。

さらに5年前には糖尿病と診断され、薬と注射が欠かせない日々を送り、月に1万円以上の医療費を払っていた。
「毎日インスリン注射2本うって、馬に食べさせるくらいの量の薬を飲んでいた」というが、
糖質制限を始めたところ、医師の指示で糖尿病治療を全部やめてしまうほど劇的に改善した。

メタボ体型で不健康な暮らしから抜け出せずにいた森永さんだが、糖質制限を始めたところ、
4カ月で89.4㎏から69.5㎏へと約20㎏減、ウエストは114cmから91cmと23cm減、
40%以上あった体脂肪率は、なんと半減した!

森永さんはいまでも腕立て伏せや懸垂、逆上がりができず、体育の成績は5段階の1か2だった。
「私は今でも、筋力はない。こんな私でもできたということは、日本国民の全員ができるということ」と強調する。
そんな驚異の糖質制限ダイエットの全貌を初公開!

■目次:
プロローグ 1日5食! ぶっちぎりのデブおやじ
パート1 メタボと糖尿病の狂騒曲
パート2 私が実践した糖質制限ダイエット
パート3 糖質制限で劇的に変わった生活
エピローグ 主治医との対談


森永卓郎(もりなが・たくろう)
1957年東京生まれ。東京大学経済学部卒。経済アナリスト、獨協大学経済学部教授。
日本専売公社、経済企画庁、UFJ総合研究所などを経て現職。テレビ、ラジオ、雑誌、講演、著作などで活躍中。
読売テレビ『情報ライブ ミヤネ屋』、TBS『がっちりマンデー.』、毎日放送『サタデープラス』、
名古屋テレビ『ドデスカ!』、朝日放送『キャスト』、文化放送『大竹まことゴールデンラジオ!』、
ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』、TBSラジオ『生島ヒロシのおはよう一直線』など出演多数。



SB新書

ISBNで検索
4-7973--X 















企業情報 個人情報について