発売日 2004年09月30日(木)

幸せの絵本

著者名:金柿秀幸(著者)

¥1,600(税別)

ISBN:
4-7973-2782-0
サイズ:
F9728CB7-743E-4D0D-B674-F9F0B790A7AC
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・金柿秀幸

親子の絆を確かめ合う幸せ
愛し愛される幸せ
家族いっしょにいる幸せ
子どもの成長を実感する幸せ
友達がいる幸せ
仲間で苦楽を分かち合う幸せ
自然を感じる幸せ
冒険に出かけても帰るところがある幸せ
自分は自分でいいんだと思える幸せ
前に進む元気がもらえる幸せ
どんどん想像が広がる幸せ
意味はないけど楽しい気分が幸せ
おいしい気持ちが幸せ
やさしい気持ちになれる幸せ
……とにかく幸せ!

子どもといっしょに、そして、もちろんひとりでも、絵本を読む時間はとても素敵です。
みなさんもぜひ、本書で幸せな絵本を見つけてください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • Hideto-S@仮想本屋【おとなの絵本屋 月舟書房】

    2002年にスタートした参加型絵本紹介サイト『絵本ナビ』に寄せられたレビューと共に、100冊のあらすじを紹介。編者を務める絵本ナビ事務局長の金柿氏は、シンクタンクでSEとして働いた後、子育てのため退職。半年間子育てに専念した後起業し絵本ナビを開設したそうです。サイト同様本の構成も魅力的。『いっしょにいたいね』『大切なもの見つけた』『世界でたったひとりのあなたへ』『なんだかとっても幸せな気持ち』。イラストも大きく掲載し読みたい気持ちが高まります。2004年10月初版。 続きを読む

  • 糸車

    作者さんは子どもに絵本を選ぶための情報を集めたサイト、「絵本ナビ」を立ち上げた人。選ばれた絵本の表紙、作者と挿絵画家の紹介、あらすじ、感想が見開きで紹介されているので見やすい。わたしのお気に入りの「よるくま」は言葉で説明しているうちに涙が出てしまうのでなかなかひとさまにお勧め出来ず、もったいないと常々思っていたのよ(笑)。理由が未だに分からないけれど、おかあさんぐまのセリフを口にしたら絶対泣いてしまう。他にも教科書でお馴染みの「スイミー」「ふたりはともだち」、かわいくてほっこりな「どうぞのいす」なども。 続きを読む

  • thayami

    懐かしい・・・。当時長男、今次男に「次はどれがいいかなぁ・・・。」と参考にしてる。読んだことのある絵本はそれぞれの思い出、まだ読んだことのない本は楽しみに想像を膨らませて、と楽しんでる。振り返ると息の長い絵本も多々あるのが何やらホッとする。 続きを読む

すべてのレビューを読む