発売日 2006年03月16日(木)

適当論
ソフトバンク新書

著者名:高田純次(著者)

¥700(税別)

ISBN:
4-7973-3345-6
サイズ:
CAE53444-4A6D-43A5-80D8-648CFE5F9CB1
ページ数:
160
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・高田純次

Twitter

  • 魚京童!

    何かの勘違いだと思うんだよねえ。どういう風に見えているのか分からないけど、俺だってつらいこといっぱいあるんだから 続きを読む

  • thayami

    相変わらずの「高田節」炸裂。『”適当”とはバランス』、に同感。自分の軸を大切にし、それに対して素直に生きている、ことが氏の半生記部分から読み取れる。対談の精神科医が表現した『力の抜き方』が”適当”の本質かもしれない。「十戒」はユーモアたっぷり。私のような”ファン”(笑)でなくても、1つの人生のあり方、として肩の力を抜いて目を通すとより楽しめる気がします。 続きを読む

  • たくのみ

    高田純次は「書いていない」。中身的には和田秀樹先生による「高田純次論」。タイトルと構成がテキトーなのだが、断片的に取り上げるコメントと友人の評価から高田氏を分析するという方法。これはありでした。「名作は盗みから始まる」「人生バランスだね」「言っとくけど俺、偏差値40はあるよ」嘘をついても憎まれない、適当にやることが美徳、絶妙のタイミングでの煙に巻いて、きれいに落とすトーク術。苦労をひけらかさないのも、価値観が揺るがないのも、愛されるゆえんである。 続きを読む

すべてのレビューを読む