発売日 2007年03月27日(火)

なぜ、仕事ができる人は残業をしないのか?

著者名:夏川賀央(著者)

¥1,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-3938-3
サイズ:
41ADCF4C-4972-404D-9AD6-B712A92B54F2
ページ数:
184
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・夏川賀央

Twitter

  • 仕事の考え方

    2.0
    ninnja

    この本は、仕事に対する考え方を示しており、仕事をどのようにはかどらせるか、どうしたら効率よく進めることができるかについては、一切書かれていない。仕事のやり方を学びたい人は他の書籍を推薦する。また、仕事(のできる人)にたいする筆者の信じる哲学みたいなものを語っているので、必ずしもすべて賛同できるということはない、ライフバランスを考えた場合、この本は役に立たない。逆に四六時中仕事をしていることになる。また、内容は薄っぺらく感じたのは私だけでないと思われる。仕事ができる人は残業していないように見えて、四六時中仕事をしているのがよしとしているのがこの著書でした。

  • 5.0
    木村尚義

    なぜ、仕事ができる人は残業をしないのか?本のタイトルからして、引きつけられるじゃないですか。おもわず、目次を読んでしまいます。すると!仕事ができる人のイメージとは真逆のことが書かれています。その答えは、本書を読めば、なるほど納得します。実際に夏川さんがお会いになった方の事例が挙げられており、そういえば、あの人もそうだったな・・・という心当たりが、ボロボロでてきます。読み進めると、なにげにコネタが多くて知識も増えていきますから、次の雑談ネタに仕込めるなと嬉しくなります。私なりに本書を解釈すると、「あなたは、何のために仕事をしているの?」という問いかけです。つまり、貴重な人生を他人にコントロールされて生きるの?なんで、自分の人生を自分で楽しまないの?思い込みやら固定観念で、やらないでもいいことで自分を縛るなんてもったいない!そんな挑戦状のような本です。サブタイトルにもあるように「本当に大切なことを見抜く、8つのシンプルな考え方」を軸に今の仕事を見直せば、仕事ができる人になりそうです。

  • 「残念な人」の反対バージョンですね

    3.0
    ふる

     まずは、章立てを載せますと…第1章 なぜ、仕事ができる人は残業をしないのか?第2章 なぜ、仕事ができる人は上司の言うことを”話半分”にしか聞かないのか?第3章 なぜ、仕事ができる人はメールの返信が早いのか?第4章 なぜ、仕事ができる人は”異性にやさしい”のか?第5章 なぜ、仕事ができる人は帰り途中で「寄り道」をするのか?第6章 なぜ、仕事ができる人は交通費請求をまめにするのか?第7章 なぜ、仕事ができる人は”案外と悪口を言う”のか?第8章 なぜ、仕事ができる人はスパッと会社を辞めるのか? すべてが、なぜ、仕事ができる人は…で、始まる疑問文です。 仕事ができても、人の悪口も言いますよ…と、勝間和代さんとはスタンスが違います。 中身は、この各タイトルのままでしょうね… 話題になった、「残念な人」の反対バージョンですね。

すべての21レビューを表示

  • あぽ

    「仕事をしている時間」を、「会社の時間」でなく「自分の時間」であると考える。そして、自分の向上に対してもっと貪欲になる。ごもっともです。著名な啓発書やビジネス書からの引用も多いので、このテのジャンルのブックガイドとしても楽しめるかも。 続きを読む

  • タリぃ

    平凡な一冊。わざわざ読むに値しない。 続きを読む

  • カナ

    残業するか、しないかではなく、仕事の時間自体の捉え方が根本から違う。仕事の時間を自分のものとするか、拘束されているものとするか。自分のものと思うから、残業が残業でなくなるのか、、 続きを読む

すべてのレビューを読む