発売日 2007年07月15日(日)

カラクリ荘の異人たち~もしくは賽河原町奇談~

著者名:霜島ケイ(著者) ミギー(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-4298-7
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
320
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・霜島ケイ

イラスト・ミギー

Twitter

Unable to load Tweets

  • そのぼん

    摩訶不思議な世界観でした。人ざるものの住む町の中にあるアパートで一人暮らしをすることになった少年が主人公でした。妖怪とか死者の魂とかが出てくるお話ですが、怖さは少なかったです。昔の日本の風景が目に浮かぶような、何処か懐かしい感じがする物語でした。 続きを読む

  • ぽろん

    あちら側とこちら側の境界に建つ下宿屋に住む事になった太一。ある事情から人に心閉ざしている。アニメでも観る様な異世界絡みの騒動も面白く、太一も、まんざら、嫌ではない様子。付喪神のあかねが何とも頼もしく可愛いらしい。2巻も楽しみです。 続きを読む

  • つたもみじ

    読みやすくサックリ読了。父親の再婚で家庭内がギクシャクし、家を出て下宿する事になった高校生の太一。まずは下見で下宿先である空栗荘へ向かう…のだが、バスを降りたら、そこは異世界であった。「あちらとこちら」が混じり合う場所。魚人、喋る鴉、狢、のっぺらぼう…。幼い頃のトラウマで人に触れられるのが苦手になっていたり、恐怖という感情や大切な人の記憶を失っているが、一癖も二癖もあるような住人や個性的な妖たちや、日本人形のアカネたちとの交流で、少しずつ良い方向に向かうのだろうか。 続きを読む

すべてのレビューを読む