発売日 2008年08月15日(金)

カラクリ荘の異人たち 2 ~お月さんいくつ、十三ななつ~

著者名:霜島 ケイ(著者) ミギー(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-4914-6
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
312
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・霜島 ケイ

イラスト・ミギー

Twitter

Unable to load Tweets

  • 一巻だけは持ってたんだけど・・・

    5.0
    ふくたま

    このシリーズはなんとなく、“夏目友人帳”を思わせるおはなしで、(時期的には夏目のほうが先)ほのぼのとしてしまうです。夏目と違って主人公は成長(?)していくんだけど、まあ面白いし読みやすいのでそろえたかったんです・・・

  • 5.0
    Kindle沼の住人…きんどうさんに幸と呪いあれ(笑

    前作から一年以上。あきらめかけていた頃に続刊発行です。待っておりました。舞台世界上では一ヶ月後、中秋の名月の9月半ば頃となっております。目一杯著者の趣味に走りながらも、あやかしなどのどこかのほほんとした描写が良い感じに力が抜けていて、相変わらず肩肘張らずに楽しめる良作でした。本筋のテイストもさることながら、語呂の良いサブタイトルも小粋ですし、ヒロインの直球告白に対する主人公の素のスルーも微笑ましくて良いです。冒頭部分で登場人物の人となりをお復習いしてくださっているのも親切で、著者の心配りを感じます。季節の節目に発刊されるこのスタイルでのシリーズ化を切に願う次第です。

  • レビュー対象商品: カラクリ荘の異人たち 2 ~お月さんいくつ、十三ななつ~ (GA文庫) (文庫)

    usa

    この巻はお彼岸を題材に書かれています。四季を感じられるタイムリーな発刊がとてもうれしいですね。 また、良き日本の風習がにぎやかで個性的な人物と共に描かれていて素敵です☆次もとても楽しみです。

すべての3レビューを表示

  • そのぼん

    以前に読んだ第一巻の雰囲気が良かったので、二巻目も読んでみました。異界と現世を繋ぐ『空栗荘』が中心となるお話でした。友人の弟を探す展開の『薄売り』と、空栗荘の大家が目覚めなくなった謎を追う『夢の交い路』との二つの章で描かれていました。ストーリー云々より、摩訶不思議な雰囲気を味わいました。事細かなところは忘れても、全体的なイメージみたいなのは印象に残りそうな感じがしました。 続きを読む

  • ぽろん

    みんな、温かいなあ。優しいなあ。太一の心も溶けて来た。大家さんも辛かったんだね。 続きを読む

  • つたもみじ

    シリーズ第二弾。十五夜が近いある日、またもや異世界の賽河原町が明けぬ夕焼け。そして狂い咲きの彼岸花。丸一日たっても眠りから目覚めない大家を不審に思い行動を始める住人達だったが…。サックリ読了。個性豊かな空栗荘の住人達とその生活に、少しずつ空栗荘に慣れてきた太一。お人好しという語呂合わせの部屋番号を頂いた太一だけれど、住民全員がお人好しじゃないか。古都子さんの想いにニヤニヤし、十遠見さんの特技に爆笑し、ミヨシやレン、それぞれの暖かさが心地よい。采菜は…まあ、必死なのはわかるけど、自分の言動をもう少し顧みて。 続きを読む

すべてのレビューを読む