発売日 2010年04月15日(木)

カラクリ荘の異人たち 4 ~春来るあやかし~

著者名:霜島ケイ(著者) ミギー(イラスト)

¥630(税別)

ISBN:
978-4-7973-5894-0
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
336
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・霜島ケイ

イラスト・ミギー

Twitter

Unable to load Tweets

  • ぽろん

    やっと気付けた太一。自分の気持ちに気付けたら、彼女の気持ちも見えた。人を思い遣る事を空栗荘のみんなに教わった太一ならお母さんの事も乗り越えられるに違いない。この続きも見てみたかったなあ。面白かったです。 続きを読む

  • おばけりんご

    賽河原町奇談第四弾。第一章東風、第二章菜の花いろの灯をともし、第三章春来るあやかしの短編三作。『幽霊をみたことがある?』で始まる東風は切なさ満載で読み進めるのが辛かったです。季節がゆるりと巡るなかで太一が少しずつ歩み出しているのがわかるのが春来るあやかしですね。采奈と初々しいながらも歩みよって欲しいし、高坂君とも親友になってほしいですね。味方が増えた太一が高校卒業まではカラクリ荘に下宿すると決めたのにはホッとしました。惜しむらくは大家さんと古都子の行く末が中途半端な事ですね。番外編で書いて欲しいですね。 続きを読む

  • そのぼん

    シリーズ最終巻。妖怪たちの世界と主人公の少年の世界とが上手く描かれているシリーズでした。少年がクラスメイトから相談を受け、空栗荘につれていつれていくことになった『東風』が良かったかな、と思いました。 続きを読む

すべてのレビューを読む