発売日 2007年12月25日(火)

ウェブを変える10の破壊的トレンド

著者名:渡辺 弘美(著者)

¥1,600(税別)

ISBN:
978-4-7973-4644-2
サイズ:
9680FFAB-2AE2-447E-92CC-ACDF8C4901C3
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・渡辺 弘美

Twitter

Unable to load Tweets

  • 下手なコンサルに頼むよりも...

    4.0
    anonymous

    さすがJETROに所属していた筆者だけあって、情報が充分に網羅され、充実した内容となっている。キーワードによる分類を使用した章立ても秀逸。有償でしかもそのレポートのほとんどが英語Webサイトのコピーという質の悪いコンサルに頼むよりも、まずはこの本を読みましょう。「Up to date」な情報が2,000円未満で手に入ると考えると「お得」です。IT技術関連の新鮮な情報はすぐに「賞味期限切れ」になってしまいます。そういった意味で、この本の賞味期限は2008年内だと思います。

  • 5.0
    shigeto

    「破壊的トレンド」という題名のインパクトだけに目を奪われると、あたかもいたずらに危機感だけを煽るものと想像してしまいがちです。私もこの本を手に取る前は正直なところ多少なりともそのような先入観を抱いていました。ところが読了して、作者の意図はむしろ日本のIT産業従事者、特に若く有望なエンジニアへのエールであると感じました。著者の広い視野と深い洞察力、何より膨大な量のWebサイトを読み込んだであろう、丹念な調査が感じられる書籍です。この手の書物は早く読むにこしたことはない、というのは言うまでもありません。

  • 破壊的テクノロジー

    4.0
    hiropon

    この本に記載されている”破壊的テクノロジー”が本当に破壊的テクノロジーにあてはまるかは疑問ですが、しかし、個人的には当本に導かれてSTUMBLEUPONにはっまてしまいました。やっぱり日本よりアメリカの方がネットでは進んでいるなあと実感します。

すべての17レビューを表示

  • トグサ

    2007年出版で、書かれてある内容は、既にあちこちに既出で、少し古くさい。 また、ターゲットを一般読者ではなく、Web制作関係者に置いているようで、少し高度・専門的になっており、一般読者は、わざわざ読む必要はない。 続きを読む

  • 青色一号

    少し古くはなるが、ウェブサービスがどの様な方向に向かっているか、それらがどのような価値をもっているのか体系的に掴むのに非常に良い内容だったように思う。 続きを読む

  • yuichiro0526

    数年前の本だが役立つ部分もあった。 続きを読む

すべてのレビューを読む