発売日 2009年04月30日(木)

地頭力のココロ
本質を見る問題解決能力を育てる物語

著者名:細谷 功(著者)

¥1,500(税別)

ISBN:
978-4-7973-4698-5
サイズ:
78EC8F20-C7E6-46D1-B82C-FFCEDD7298D8
ページ数:
216
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・細谷 功

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

  • シンプルでわかりやすい

    5.0
    だーいし

    頭のいい人の本って、ホントわかりやすい。勉強が苦手な私にも、わかりやすく説明できるってすごいです。今まで箇条書きで物事を記録してましたが、ちょっと縦横ラインをひいたら、急に頭の中が整理されました。机の引き出しにとりあえず入れていた文房具が、間仕切りをいくつか入れただけで、すっきりと片付いた感じです。

  • ビジネスマンの教科書です

    5.0
    eight

    読んでいるとつい「あるある!」と共感してしまう内容が満載です。新しい気付きを促してくれる良書です。今この本と出会えてうれしいです。何度も読み返しては、自分の行動と照らし合わせて反省したいと思います。全てのビジネスマンの方にオススメします!

  • 実践的地頭力入門書

    3.0
    オジー

    本書は分かりやすい地頭力入門編である.著者は『地頭力を鍛える』と『いま,すぐはじめる地頭力』という書籍で,地頭力という概念を世に広めた.しかし,前者の書籍は理科系の著者が書いた専門書という印象が強く,また後者の書籍は分かりやすく書かれているが読者がすぐに実践できるという内容ではないように思う.そのため読者は地頭力という概念は表面的に理解できても,実生活で実践できるまでには至っていなかったのではなかろうか.その反省のためか,本書ではシステム導入プロジェクトという具体例を取り上げ,物語形式でストーリーが展開していくようになっている.具体例を基に説明されているので,読後はすぐにでも地頭力的な生活が始められると思う.本書を読んだ後に,前著を読むと更に理論面で深く理解できるものと思われる.本書はビジネスマンのみならず,学生や自営業者まで,幅広い人々に役立つと思う.

すべての13つのレビューを表示

  • 桜井葵

    一人の主人公がいて、指導者から「ものの考え方」を伝授してもらうというストーリー。イラストなどもありPOPな作りとなっているので読みやすい。「物事の本質とは何か?」そのための考え方や論理的思考を分かりやすく説明してくれてます。まず最初に考えること。why(目的)➡What(やること)➡how(手段)の順番でゴールから逆算していく。地頭力が低い人は先に具体例手段先に持ってきがち。そのほうが考えないで済むので大半の人はそうなってしまう。考えることはエネルギーを使うので意図的にやらないと、本能的に流されてしまう。 続きを読む

  • さき@merry

    地頭力については、同著者の「地頭力を鍛える」の内容とほぼ重なっていたが、本書の方がより具体的で分かりやすい。新しい話の中で特に参考になったのは、「『バトン』を押し返す」という技術。依頼主の目的が不明確な場合に、一旦依頼を「押し返し」て目的を明確にさせる。その後に受け取ることで、より本質的な要望を引き出し、叶えることができる。「バトン」を受け取る・渡す側のどちらになっても、本質的な目的を意識するよう気を付けたい。 続きを読む

  • なおじん

    ☆3 細谷さんの文面好きです。 難しく無いように書けると言うことは、本質を理解しているからこそだと思いました。 続きを読む

すべてのレビューを読む