発売日 2008年11月15日(土)

迷宮街クロニクル(1) 生還まで何マイル?

著者名:林 亮介(著者) 津雪(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-5062-3
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
312
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・林 亮介

イラスト・津雪

Twitter

  • シュエパイ

    迷宮+ファンタジー系で、ファンタジー系だから人がポンポン死にやすくって、初めて魔法を目の当たりにした感動やら恐怖やら、鋼の塊のような剣の感触や、それで敵をぶっ叩いたりって描写はよく読む気がするのですが。ただ、防具がつなぎ一辺倒になるのは珍しい気がするな・・・!あと、オムニバス形式で描かれているのかとおもいきや、①表記の人があっさりとお亡くなりになったりするのが意外で驚きましたー。完結してるのかな?今度続きを見かけたらかってみよー 続きを読む

  • しいかあ

    京都でWIZ#1をやる話。あの世界観をどう移植するかというのも見どころ。例えば性格や宝箱の設定、ダークゾーンはどう見えるかなどなど。いかに派手な冒険活劇を繰り広げるかよりも、いかに冒険をマネジメントするかということの方に重きが置かれているので一見地味。でもそれが面白い。それと、たぶん作者はなにかスポーツをやってんだろうと思うんだけれど、人の体の動かし方や回復の仕組みについての描写が割と丁寧に書かれていて感心した。何やらボッタクル商店の影がちらつき始めたような感じのする所で話は終わっている。次巻にも期待。 続きを読む

  • kokekko

    初GA文庫。こんな面白いラノベひっさしぶりに読んだ。2006年頃web上で連載されていた『和風Wizardry』という小説の加筆修正版である模様。自分はこの文庫がファーストコンタクト。大地震で京都に生まれた地割れから出てくるモンスターを、殺して切り取って売りさばくため地下にもぐる人々の群像劇。登場人物の平均年齢は三十歳くらいになるんじゃなかろうか(笑) 現代日本の日常と人が簡単に死んでしまう世界の対比および一体感、そして作者の人間観察眼にしびれる。作者がやりたい事やってる感満載で楽しい。 続きを読む

すべてのレビューを読む