発売日 2009年04月15日(水)

迷宮街クロニクル(2) 散る花の残すもの

著者名:林 亮介(著者) 津雪(イラスト)

¥670(税別)

ISBN:
978-4-7973-5409-6
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
456
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・林 亮介

イラスト・津雪

Twitter

Unable to load Tweets

  • 菊地

    様々な視点でエピソードが語れるのは作品世界を膨らませる意味では有効に働いている。ただ、登場人物が多く、地味な(現実味がある)名前が多いというのは刊行間隔が空くと、ちょっと誰が誰のことか区別が付きにく忘れがちになるので、早目に下巻を出して欲しいかも。 続きを読む

  • こんこん

    人が死ぬのは迷宮。けれど、この物語の大部分は、その迷宮がある「街」こそが舞台。この街に集い、摩耗し、散り、そして去っていく人々の年代記。「迷宮クロニクル」では絶対になくて、「迷宮街クロニクル」なんだよなあ、とあらためて。 続きを読む

  • kokekko

    二巻。この本を書いてる人は、どんな相手と酒の席に臨んでも、相手を惹きつける話のタネに事欠かない人なんだろうな……という印象は変わらない。というか強くなった。地の文章がおもしろい。地下に潜って怪物を切り殺しまくる生活を送るという、ある意味登場人物(ほぼ)みんなスーパーマンな小説なのだけど、それでもこれだけのリアリティがあるのは、同じ状況の中でもみんな別々の事情で別々の事を考えているのが伝わってくるからだろう。三巻に続きます。しかし倉庫の返品の場面が地味につらかった。 続きを読む

すべてのレビューを読む