発売日 2009年04月16日(木)

[Si新書]マンガでわかる確率入門
確率でギャンブルに強くなれる?テストにヤマカンで正解する確率は?

著者名:野口 哲典(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-5150-7
サイズ:
2919B434-48F3-4296-90A8-9F65386C1846
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・野口 哲典

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

マンガでわかる確率入門"]
  • 丁寧で楽しい入門書

    4.0
    Amazonのお客様

    表紙イラストに惹かれて買ってみました。確かに初歩的ですが、そんなに真面目に再学習するほどの意欲はないが、遠い昔に習ったことを思い出すにはこれぐらいがちょうどいいかと思いました。すべて漫画ではないのですが、可愛くてとぼけた味わいのあるイラストが楽しいです。ちなみに明らかに斜め読みしかしていない、うろ覚えで間違ったレビューを書いている人がいますが、実際はちゃんとした内容ですのでご安心を。

  • 分かりやすい入門書でした

    4.0
    nekomayo

    学生の頃に何となく覚えた確率の話を、本書を読んでしっかりと勉強しなおした気がしました。順列とか組み合わせとか事象を算出したりする基礎の計算から丁寧に解説されていますが、本当に基礎的なことまでです。期待値やモンティ・ホール問題なども一応ちらっと出てきますが、深く触れていません。(ベイズの定理とか事後確率などの用語も出てこない)中学生が読むと良いと思います。分かりやすい内容ですし、確率ってこういうものなんだ、とか確率の考え方とかが分かると思います。入門書と書かれているので文句言えませんが、ちょっと内容が物足りないというか「子供向けの入門書」って印象でした。社会人や大人になって勉強しなおすために読むような入門書ではありません。でも学生時代に確率をなんとなく覚えただけの人にとっては、しっかりと理解できるようになれる良い本だと思います。モンティ・ホール問題とかギャンブルの期待値とか確率は面白いネタが多いのに、どうして当時は興味が薄かったんだろうか。きっと数式と計算ドリルばかりやらされて問題を解く作業しかやらされていなかったからかな。数学は解くよりも理屈を学ぶ方が楽しいですね。

  • 教養として読む分には良書。ただこれマンガではないです。

    3.0
    積み木

    確率入門というタイトル通りすごく丁寧に初歩的な確率の話をしてくれます。100%文系頭脳の私でも理解できるほど易しい仕上がりで、学生の時にこれを読んでいれば多少数学の成績が上がってたかなぁ~と思いました。ただ「マンガでわかる」というのはどうだろう。ほぼ文章で解説しているのでその売り文句は無理がある。漫画形式で進むのではなくイラストがたまに差し込まれるだけなので「マンガでわかる」という部分に惹かれて手に取った方はあれっ?と思いそう。内容は非常に教科書的です。というかほとんど教科書です。数式とかバンバン出てきます。教科書をすごく丁寧に丁寧に噛み砕いた本という感じなので、知識の足しにというより勉強中で確率問題に行き詰まっている人向けでしょうね。確率ってなに?というレベルの私からしてみたら内容が濃く面白かったですが、マンガでわかるという点は看板に偽りありでガッカリしたので差し引き☆3。

すべての6つのレビューを表示

  • 朝顔

    元サラリーマンのライターさん、確率、統計の初級編色々読みましたが、これが、一番分かりやすくかったです。学者さんのは難しくて……。ワンちゃんが可愛かった、私より賢い(笑) 続きを読む

  • ふろんた

    さらっと読めてわかりやすい。だんだん苦戦してきたけど。 続きを読む

  • 朧月

    高校課程の数学でやる一通りの確率や場合の数の話が一冊にまとまっている本。イラストが多用されて分かりやすいのは良いポイント。 反面、高校数学以上の内容がなく、やや残念。確率や場合の数を難しく感じる現役高校生には良い本ではないかと思います。 続きを読む

すべてのレビューを読む