発売日 2008年05月16日(金)

[SI新書]数字のウソを見抜く
宝くじには当たりやすい番号がある? A型の人は長生きする?

著者名:野口 哲典(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-4695-4
サイズ:
2919B434-48F3-4296-90A8-9F65386C1846
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・野口 哲典

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

数字のウソを見抜く"]
  • うーむ…

    1.0
    あんこ

    後輩をバカにしまくる先輩がバカに見えるときがある。直感も計算も合わない。私もバカにされる対象かな〜

  • 3.0
    一石賢

    問題「5匹のネコが5匹のネズミを捕らえるのに5分掛かるとき、100匹のネコが100匹のネズミを捕らえるのに何分掛かるか。」答え 5分。理由 5匹のネコが共同してネズミを捕らえているのではなく、ネコは独立してネズミを捕らえているから。1匹のネコがネズミと捕らえる時間(平均時間)5分が答えになる。ネコが100匹でも時間は変わりない。=======というのだろうが、少々「問題」に問題がない訳でもない。というのは、5匹のネコが独立にネズミを捕らえるにしても、1匹のネコが追うネズミが他のネコに偶然的に有利(或いは不利)に働く場合もあるだろう。だから5匹のネコが5匹のネズミを捕らえるのに5分というのは、その「ネコ同士のネズミを捕る際の干渉(以下略して「干渉」と言う)」を加味して考慮した時間であるとは言える。ところが条件にもよるが、100匹のネコが「干渉」する度合いが、5匹の場合と同じであるかどうかが定かではない。5匹のネコ同士の「干渉」が100匹のネコ同士の「干渉」と同等になるかどうかは既知ではない。「同等である」というなら、5匹程度の「実験」で言えるかどうかの「説明」が必要となる。だから厳密には100匹の場合でも、ネズミを捕らえる時間が5分であるとは言えない。分かりやすく言えば、著者の答えからすれば、100万匹のネコが100万匹のネズミを捕らえる場合にでも、5分という答えになるだろうが、「干渉」を考えれば、5匹程度のネコの数からの「推測」ではこの答えは簡単には引き出せないことになる、と思う。だから先輩が高を括ったように「5分。」と言うのは、厳密には間違っている。実は、後輩はそこまで考えていたのかも知れない(まあ「100分」て答えちゃっているから、そこまで見越しているとは思えないが(笑)…)。少々屁理屈ぽく思われるかも知れないが、工学ではこうい問題は、屁理屈として退けられる問題ではない。いや、科学一般にそうだろうとおもう。

  • レビュー対象商品: 数字のウソを見抜く (サイエンス・アイ新書) (新書)

    てらたか

     登場人物は正典くんと聡美さんの2名。基本的には2人の会話で進む内容なので読みやすいのですが…数字のトリックに引っ掛かる問題がいくつも出てくる始末。聡美さんにおバカ呼ばわりされる正典くんを笑えない自分がいました。 ためしに「ニセ札事件」を妻に読ませると…よかった、やはり見抜けなかったようです。よって、ここにおバカ夫婦が誕生してしまったのが悲しいところですが、ちょっとくやしいので、時間をおいてもう一度読むつもりです。

すべての3レビューを表示

  • えっくん

    ★★★★★日常発生している事象の傾向や釣銭詐欺、両替詐欺などの数字を使ったトリックや薀蓄を確率・統計学の観点で披露。難解な数学知識も不要で堅苦しい文章表現もなく、二人の登場人物の会話形式で進行し、分かり易い内容で楽しめました。いつも間違えてばかりいる新入社員の正典君を数学科卒の先輩社員の聡美さんが、「ち~がう~だ~ろ~」と恫喝する某政治家のようにバカ呼ばわりするドタバタ感が笑えます。ナンバーズの当選番号を的中させている詐欺メールのトリックは知ってしまえば単純なんですが、なるほど~と感心してしまいました。 続きを読む

  • ふろんた

    この人の本、どれを読んでもネタが使いまわしなのだが。聡美さんが新入社員の正典くんに指導している設定だが、いじわるばかりしているようにしか見えません。 続きを読む

  • ゆいまーる

    「ナンバーズはどの番号でも当たる確率は同じ」など、全般的には易しすぎたかな。まんまと引っ掛かってしまった問題も一部あったけど。 続きを読む

すべてのレビューを読む