SBクリエイティブ

イグドラジル―界梯樹―

水月 郁見:著者 / 椿 春雨:イラスト

ある日であった美しい少女は、同級生でもあり、アイドル歌手の卵でもあった。

藍羽真珠。

それが彼女の名前。

だが幕張メッセのイベントで彼女が歌ったとほぼ同時刻、 房総半島・野島崎沖で光る竜巻が発生、そこから黒い巨大なメカが現れた!

――僕は何かが足りない

弓削稜が抱えるぼんやりとした焦燥。《思春期特有の》と、片づけるには異質な何かが含まれている日々。

そして彼はJ―POPフェスタのきらびやかなステージで歌う少女藍羽真珠と出会う。

あまりにも美しい歌声。

それは稜のちっぽけな焦燥すら、払拭してしまうほどの……。

だが巨大な《黒い悪魔》がステージを切り裂いたのは、まさにその瞬間だった!

稜が持つ蒼い螺旋。

真珠が持つ紅い螺旋。

異世界から現れた黒い巨大な影!

そのすべてが一つに交わるとき、航次元守護騎(イグドラジル)が真の力とともに現代に甦る!

定価:682円(本体620円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2008年12月15日(月)
  • ISBN:978-4-7973-5206-1
  • サイズ:CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
  • ページ数:352
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・水月 郁見

イラスト・椿 春雨

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る