発売日 2009年02月17日(火)

あたたかい組織感情

著者名:野田稔+J-feel(著者)

¥1,400(税別)

ISBN:
978-4-7973-5261-0
サイズ:
A335B050-BE72-46BD-BC69-1B57AA476EAC
ページ数:
200
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・野田稔+J-feel

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • 前向きになれないリーダー達

    4.0
    ぶっちにゃn

    目標管理を始めて数年、BSC、各自の目標達成に振り回されて追いつけない状況。どこか、やらされ感をもちながら現場の心が疲れてはいないか?信頼しあえる関係、仲間であることの喜びを取り戻したい。

  • 5.0
    あらフォーティー

    中堅崩壊―ミドルマネジメント再生への提言の著者であり、ジェイフィール代表の野田氏が組織を元気にするための処方箋を記した実務書。同社のメンバーは不機嫌な職場‾なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書)も書いている。「組織感情」というものに注目し、ご機嫌な職場・やる気のあふれる組織をどうやってつくるか、具体的な方法を実務レベル(6人を限度に円卓を囲んで・・・というように)で解説してくれる。米国のマネジメント理論をそのまま翻訳したような本も多いが、この本は、日本の職場の内実(この本にも少しでてくるが、昇格を間近に控えた部下の評価に下駄を履かせるとか、予算の隠し財産とか)を深く理解したうえで、書かれている点がさらにすばらしい。ひとつ使える、と思った手順を紹介すると、問題のある組織に「介入」する方法について 1.事実の確認(部下のモチベーションが低くて困っているのですね) 2.意味の確認(相手も同じような気持ちだったとは思いませんか) 3.視点の展開(どうして同じ過ちを繰り返すのでしょうか) 4.行動の選択(もし同じ状況になったら、今度はどうしますか)というように、相手に気づきを与える手順を推奨している。他にも使える手法が満載されている。惜しむべきは、本のタイトルがまずかったかな、ということだ。(このタイトルじゃ、売れないよ)

  • レビュー対象商品: あたたかい組織感情 ミドルと職場を元気にする方法 (単行本)

    じゃぐぁ

     常に日本のミドルマネジメントを元気にしたいと行動している野田氏の本は、非常に先進的でありながら、いつも日本的な要素も取り入れてあり、感心する。 この本では、組織の雰囲気を示す組織感情という概念を紹介している。イキイキ・あたたか・ギスギス・冷え冷えの4つの基準で自分や回りを評価して総合的に組織の雰囲気を判断する方法だ。それぞれを適度に制御するのが大切で、どの項目も適正レベルがあるそうだ。 組織感情を適度に制御するのはミドルマネージャだ。しかし、ミドルマネージャがどうやってこのスキルを磨き、元気になれるだろう。その方法として、同じ階層のマネージャが集まっての相互コーチング法を紹介している。1週間に1度、1時間程度集まって、最近の出来事を手短に話し、内省し、傾聴し、互いに気楽にコーチングする。心の負担を取り除いたり、新たな発見があったりするそうだ。 人との繋がりを重視しようとして社員旅行を復活させても、ありきたりな研修会に参加しても意味が無い場合は効果がありそうだ。

すべての3レビューを表示

  • Masakatsu Yamasaki

    組織感情を第六の経営資源(人、物、金、情報、知識資本、組織感情)と重要視し、組織感情を測る方法、改善する方法について書かれている本。特にRRT(リフレクションラウンドテーブル)のノウハウについて詳しく書かれている。RRTはテーマを持ったダイアログのようなもので、組織感情を好転させるには非常に有効そうで、私もやってみたい。 続きを読む

  • yk

    整理のためナナメ読み。自分たち自身をわからせることが大切なのかな。RRTは素晴らしいと思う。ただし、優秀なファシリテーターが必須。そして今一度willの部分とcanの部分が重なるようにしないとと思います。 続きを読む

  • ookumamasa

    前半の組織感情の分析よりも後半のRRT:リフレクションラウンドテーブルのほうをもう一度熟読します。ミンツバーグの方法論の日本版。介護現場ではリーダー会でのグループ・スーパービジョンといった感じ。各部署の管理職が過去一週間のマネジメントの経験を内省し発表するマネジメント・ハプニングス。自分や他者の経験から学ぶ場。 続きを読む

すべてのレビューを読む