発売日 2009年08月15日(土)

蒼海ガールズ!

著者名:白鳥 士郎(著者) やすゆき(イラスト)

¥620(税別)

ISBN:
978-4-7973-5632-8
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
336
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・白鳥 士郎

イラスト・やすゆき

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 新たな世界へようこそ

    5.0
    アインス

    まず世界設定もしっかりしていて非常に面白かったモデルは帆船が海上の主役であった最後の時代、18世紀末だと思う主人公のシューフェンは紅帝国(中国の清王朝がモデル?)の皇子だったが、政変で亡命に追い込まれてしまう漂流していたところを、海の覇者アラミス王国(イギリスがモデル)の少女艦隊所属のフリゲート艦が救助するところが、少女艦隊は男子禁制であったために、ある提案をされ…という物語アラミスは男性が極端に少なく、軍隊も女性主体という設定も驚くほど違和感無く楽しめましたこの時代はロマン溢れることに、風で動く船が海の最前線で活躍している木造船上での生活の苦労や、帆船ならではの手に汗握る海戦描写は脱帽としか言いようがない作者が緻密に時代の研究をしていることがよくわかるとにかくキャラクターもすぐに大好きになった私はこれを読むまで男の娘ブームを冷めた目でいたところがありましたしかし、読了後は性別なんて関係ないという清々しい境地にいましたね主人公シューフェンのかっこ可愛さがとにかくキュンキュンして、胸がいっぱいに城を脱走した王女、移民出身の愉快で美しい艦長(のセクハラ)など、とにかく魅力あふれるキャラクター!こんなにも面白い小説を読まなかったことを後悔しきりです

  • 良く勉強している

    4.0
    ジョン・スミス

    一般受けする内容ではないけれど、右転する時はちゃんと舵柄を左に回すよう指示するなど、帆船に関する記述はラノベの範疇を超えたクオリティ。文章も読みやすく、内容的には★5つを献呈したいところだが、イラストが比肩するレベルにはないので1個減。

  • ガールズ&バトルシップ

    3.0
    クォーク

    「のうりん」の作者だと言うことで買いました。もしこの時点で「のうりん」がKindle化されていたら、一生目にしなかったかもしれません。比率でいうなら、ラブコメ・ハーレム:1帆船乗りの日常:2海戦:5白兵戦:1くらいの感じ。男の娘要素はあってなきがごとしです。お家騒動で国を追われた王子様とかボーイ・ミーツ・ガールとか女装男子とかのラノベっぽい要素もありますが、見せ場はやはり後半の艦隊戦でしょう。たった一隻の小型艦で大小合わせて七隻の艦隊を相手にするのは、お約束とはいえ燃える展開です。(これもまたラノベ的ですが。)そう「ドキッ!女の子だらけの艦隊戦。ポロリもあるよ!」は「萌え」よりは「燃え」なのです。ポロりするのはオッパイよりも、敵の腕や首なのです。「前檣帆(フォアスル)と主檣帆(メインスル)の下端索(タック)と帆脚索(シート)を緩めて風をぬきなさい! 艦尾縦帆(ドライバー)を風上(ウエザー)へ! ……今よっ!主檣帆、回せ!(メインスル・ホー!) 前檣帆、回せっ!(レット・ゴー・アンド・ホー!)」「舵中央(ミジップ)。 敵に向かって直進せよ(ゴー・ストレート・アット・エム)。」「すてでぃ!」戦闘シーンは万事こんな調子です。専門用語が多すぎて、ここいらの説明が正しいのか間違ってるのか自分にはサッパリですw仮に正しく用語を使っていたとしても、文章で書かれると素人にはどういう展開かよく分かりませんね。むしろ映像化した方が映える気がします。ミリオタ/戦車オタのための「女の子だらけの戦車戦」を描いた「ガールズ&パンツァー」を、舞台を海に移してラノベで作ればこんな感じになるでしょうかね。(こっちの方が古いけど。)艦隊戦は燃えますが、前半の女の子とくんずほぐれつラブコメするのは蛇足に感じました。艦隊戦部分だけなら☆4つくらいだけど、ラブコメ要素で☆マイナス一個。

すべての13つのレビューを表示

  • 中性色

    親潮。女装ものとしては定番的な造りだけど、そこら辺を丁寧にやってるかな。まぁ、キャラの変容ぶりがちょっと急かなとも思ったが。あと、軽めで展開も早いところだから気づきにくいが、地味に描写えぐいとこも多いなこれ。あと、キャラ紹介や挿絵にもちょっと出ただけのキャラとかも多いから、そこら辺も掘り下げられるといいな 続きを読む

  • YO-HEY@紅蓮ロデオ

    戦闘描写がしっかりしていて面白かった。キャラクターもしっかりしていて。たまに出てくるエロ描写は不要な気もしたけど。 続きを読む

  • KUWAGATA

    わらわちゃんがイカ娘に見えてしょうがない。偉そうな(彼女は実際にえらいのですが)物言いとか、青い髪とか。ちなみに悪口ではありません。一瞬で落とされました(笑) 物語としてもなかなか面白かったです。基本日常系が好きな私ですが、起承転結のくっきりしたこういう物語も、やはりいいものですね。 続きを読む

すべてのレビューを読む