発売日 2010年03月23日(火)

TOYOTAビジネス革命
ユーザー・ディーラー・メーカーをつなぐ究極のかんばん方式

著者名:神尾 寿、レスポンス編集部(著者)

¥1,600(税別)

ISBN:
978-4-7973-5840-7
サイズ:
483249EC-8045-4953-B9C8-FA32EFC8092C
ページ数:
272
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・神尾 寿、レスポンス編集部

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 着眼点はよいのだが…

    3.0
    t2j_k

    リーマンショックで明るみになった自動車業界の大量在庫。特に「ジャスト・イン・タイムを売り物にしていたトヨタがなぜ大量の在庫を?」というのは一般の方には衝撃をもって受け止められた。つまるところ「部品を作るところから車を作り出荷するまで」は“JIT”が完璧に機能していたものの、「出荷以降のプロセスのコントロールは全くできていなかった」というのが事の顛末なのだが、それをトヨタはどう解決しようとしているか、というのが本書のテーマ。ところがせっかくのテーマでありながら、それを十分咀嚼できていない点が非常に残念。例えばなぜ在庫が膨らむのかという点については、Matthias Holweg、Fritz K. Pil両氏の 21世紀の自動車産業―受注生産による究極の車づくりや岸良裕司氏の「よかれ」の思い込みが、会社をダメにする―飛躍的成長を実現する全体最適のマネジメントにその仕組みやデータがすでに著されているし、顧客が必要とする分だけを作るという「サプライチェーンの範囲の再定義」という点では、E.ゴールドラット氏のザ・クリスタルボールを読むことでサプライチェーンマネジメント(SCM)の専門家でない人でもその利点がつかめるようになるはず。つまり、全般的にSCMの知識がある人であれば「トヨタが何をしようとしているか」を掴むことができるが、その知識がない人にとっては「単なるトヨタのITシステムの自慢」と受け取られかねない面がある。一方その導入の過程(ITシステムではなく仕組みの導入)においては、中国や日本のレクサス店のように新しく仕組みを作る場合はうまくいっていても、既存の販売チャンネルをどう変革させるかという点においては「トヨタといえどまだまだこれから」ということがよくわかる。特に販社の力が強い日本の販売が今後どう変わっていくのか、日産のような再編成があり得るのかが注目される。地道で長期にわたる現場取材と生の声を届けるという姿勢は評価するものの、そのバックボーンとなる理論の調査や掘り下げが十分でないことが悔やまれる一冊である。

  • TOYOTAフィロソフィに乾杯

    5.0
    pagu

    TOYOTAフィロソフィに乾杯。ビジネスマインドを学び、実活用に展開したいです。

  • トヨタのCRMへの取り組みは自動車業界を変える…かも

    4.0
    恵庭人

     このリコール問題で騒がしい時期にトヨタの社長のインタビューが載っていることが気になり手に取りました。 内容はメーカーがディーラーも巻き込んでCRMに力を入れるという、自動車業界というか製造業界としては新しい取り組みで、なかなか読み応えがありました。 トヨタだけでなく、ニッサンやホンダなど他メーカーも本格的にディーラーとタッグでCRMに力を入れていくと、近い将来、小さな整備工場など経営が成り立たなくなるんじゃないでしょうか。 一点気になったのは、社長以外の登場人物も社長と同じような話をするので、各章のかぶり感が強いことです。 組織として意思の統一ができている証拠かもしれませんが・・・ リコール問題で騒がしいわけです

すべての3つのレビューを表示

  • 天切り松

    よく考えたらメーカーが資本の入っていないディーラーのシステムを作っている。 続きを読む

  • たー

    トヨタの中国での革新的なSCMの取り組みを紹介。もし全世界に適用できるのならトヨタ復活も近い!? 続きを読む

すべてのレビューを読む