発売日 2010年04月16日(金)

頭がよくなる図化思考法

著者名:齋藤孝(著者)

¥730(税別)

ISBN:
978-4-7973-5846-9
サイズ:
CAE53444-4A6D-43A5-80D8-648CFE5F9CB1
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・齋藤孝

Twitter

Unable to load Tweets

  • 長谷川辰蔵@酔拳2

    構造主義。図解と図化は似て非なるもの。図解は既にあることを図で分解。図化は新しいもの創造する手段。ホワイトボードを使い、想いと思考を共有するのだ! 続きを読む

  • navyblue

    文書を読むときや、人の話を聞くときなどに、図解ではなく図化すると、頭の中の思考過程を紙の上に見える形にすることができるので、理解が深まるということ。図化の方法については具体例としては少し物足りないように思う。むしろ「構造主義」についての説明の方が目立ったように感じた。なので、この本を一度読み終わったら、紙とペンを用意して、図化しながらもう一度読んでみたらいいのだ。これで著者の言うところの図化の練習もできるし、構造主義の基本も理解できる。 続きを読む

  • T坊主

    もっとも読まなければいけないのは政治家や官僚ではないのかな。政治家は特に野党は言葉尻をとらえて、枝葉末節なことばかり言っている。政策の方向も違うのに、選挙目当てで選挙協力する、離党する議員も出てくるのは当然でしょう。国民は顕微鏡で見ていますよ。肝心な国防とか安全とかは真剣に考えているのだろうか?官僚も慣例に従うとか、あいまいにして核心を突かない、逃げの一手。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品

発売日2020年04月04日(土)