発売日 2010年05月29日(土)

夏野流 脱ガラパゴスの思考法

著者名:夏野 剛(著者)

¥1,500(税別)

ISBN:
978-4-7973-5914-5
サイズ:
483249EC-8045-4953-B9C8-FA32EFC8092C
ページ数:
248
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・夏野 剛

Twitter

Unable to load Tweets

  • Kentaro

    平時には日本型システムは強い。世界経済が順調に拡大し、大きな決断をしなくてもいい時には、日本型のトップのほうが企業にとってはいいかもしれない。誰が経営しても企業はきっちり利益を出す仕組み。個人より組織を重視し、ムラなく、安定的に成長する。しかし、緊急時には弱い。とりあえず周りに合わせて動く、過去の延長線上に戦略を描く、内部の論理で仲間内だけで議論するというのでは、市場の変化についていけない。政治や企業の進化とは相対的なものである。周辺環境が変化している時に、過去と同じことをやっていたら、それは退化である。 続きを読む

  • taknom

    同著者の『グーグルに依存し、アマゾンを真似るバカ企業』の続編とも言えそうな内容です。自分が生み出したiModeガラケーを弁護しつつ、IT・ケータイや産業構造の変化に適応できない経営者、政治家、官僚をこき下ろして、さっさと引退して若い人に交代しろと迫っています。 尤も、50代以上の人だけが愚かで、若ければ優秀とは思わないですね。社会の実権を握っているのが50代以上だから攻撃対象なのでしょうけれど、若くてもガラパゴス思考の人が大多数だと思います。著者の言う、脱思考のための意識改革は容易では無さそうです。 続きを読む

  • js-fisherman

    連載モノを纏めて加筆修正した書籍のせいか、1つ1つの項はそれなりになるほどと読めるものもありますが、全体的な統一感なり流れがなくてちょっと微妙。あと、ちょっとネタが古いですかね。 続きを読む

すべてのレビューを読む