発売日 2010年04月15日(木)

踊る星降るレネシクル

著者名:裕時悠示(著者) たかやKi(イラスト)

¥620 (税別)

ISBN:
978-4-7973-5936-7
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
336
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・裕時悠示

イラスト・たかやKi

Twitter

Unable to load Tweets

  • 1、2巻を見て

    5.0
    レトロ

    面白いと思います。キャラもしっかりしていますし、物語も2巻からは伏線があったりして期待させられます。1巻だけ読んで判断するよりも、2巻まで読んで判断した方が良いですね。2巻のあとがきにも土台完成と書かれていました。気になっている方は、まとめ買いをオススメします。

  • 5.0
    大ふへん者

    主人公とヒロインは幼い頃から強くなる事を目指し一緒に稽古をするのだが、師との約束を破った事がきっかけでヒロインを傷付けてしまう。その事がきっかけで二人は道を分かつ事となってしまいます。しかし、とあるきっかけでヒロインと同じ学校へ転校する事となり、そこでメインヒロインと出会います。メインヒロインは主人公に師匠になる事を頼み、色々な問題を解決しながら互いに成長していくといったストーリーです。まずキャラですが、ドジでダメダメツンデレ娘なメインヒロインがとても可愛いです。思っている事が頬に浮かんでしまうという体質がとっても効果的でした。また幼馴染もサバサバした性格であるものの大事な所は照れ屋で、時折見せる女の子らしさとのギャップが良かったです。サブキャラも個性的で、ストーリーの引き立て役として良い味を出していました。ストーリー自体もとても良く考えられていて終始楽しく読む事が出来ました。ただ対決に関する設定の説明がイマイチ足りなかったため、後半は普通のバトル作品になっていたのがちょっぴり残念です。今回の作品で最も推したい部分はやはりカラーページです。非常に良く描けていて、初めてその部分(特に3ページ目)で悶絶してしまいました。評価としてはストーリー等はもちろん、メインヒロインの設定がとても良かった事とカラーページが良かったので間違いなく☆5です。

  • レビュー対象商品: 踊る星降るレネシクル (GA文庫) (文庫)

    ばきゅん

    「俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる」を読んでから購入。作者は今すぐこっちの執筆に専念すべき、と言わざるをえない。実は、たかやKi氏のイラストが目当てだったのだが想像以上に良い物を読ませて貰った印象。「俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる」とは質が違う。キャラが濃いしテキストも重みを感じる。同じ人が書いてるとは思えない……売れてる方に注力したいのは分かるが、「俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる」はお世辞にも良い評価受けてるとは言いづらいし、明らかに地力のあるこちらを優先すべきでは?

すべての10レビューを表示

  • ジョン

    ラノベの面白さに本格的に目覚めた記念碑的本。人生における大切な一冊で、購入から7年経っているが、いまだに捨てきれない。そういう思い出もさることながら、今回読み直して改めて面白かった。熱い青春ストーリー。これぞラノベ! と胸を張って人に勧められる。GA文庫で一番面白い本は(俺的に)これだ!! 続きを読む

  • むらびとβ

    ★☆☆☆☆ あー。俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる。の作者か…。 続きを読む

  • 空箱零士

    ★★★ 物語の構造自体は及第点、キャラも(頬のあれも含めて)十分可愛い。が、色々上手く機能してない。妙にギャグっぽい描写と世界観と、ごちゃついて山場が山場になりきれてない構成が問題かな。レンヤとすまるのトラウマの負荷と没入感がヘビーなだけに、なおさらその辺の不協和音が悪目立ちしてる。要するに「明らかにシリアスよりにすべき構造の物語に対して不用意にコメディっぽさを出そうとした」結果、なんかすっきりしない話になってしまったって感じかな。コメディかシリアスのどっちかに全振りするだけで大分印象は違った気がします。 続きを読む