発売日 2010年04月15日(木)

ふぁみまっ!

著者名:九辺ケンジ(著者) 鶴崎貴大(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-5957-2
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
280
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・九辺ケンジ

イラスト・鶴崎貴大

Twitter

Unable to load Tweets

  • 普通のラブコメです

    3.0
    タカ

    安売セールだったので買いました。妹モノのラブコメに隠し味でイタリアのマフィアネタを加えた普通のライトノベルです。読みやすい文章で、さらりと一冊読めました。内容については、せっかくイタリアを題材にしてるのだから、イタリアの風俗とかウンチクをお話しに絡めると良かったかも?例えば漫画『王様の仕立て屋さん』みたいな感じだと、もっと面白くなったと思います。

  • 3.0
    Kindleユーザー

    セールしてたんでためしに買ってみましたが自分の趣味には合わなかった

  • ありきたり

    3.0
    凶音

    第二回GA文庫大賞激励賞作品家に届いた荷物を開けたら金髪ツンテールの妹が入っていたというお話その妹のサブリナが実はマフィアの隠し子で普通の生活を目指している主人公・大滝和己の生活が一気に大崩壊ラノベでは典型的ないきなり妹系の話でした妹のサブリナですが勿論主人公とは血が繋がっておらずお兄ちゃん大好きっ娘そして世間知らずで周りで騒動ばかり起こしますサブリナの恋の敵役として出てくるのが同級生の木ノ下沙希学園のアイドルにして定石通りに昔色々あって主人公の事が好きでサブリナと恋の鞘当本当に順当なラノベですねあとは謎の大食いシスターが出てきたり、マフィアがサブリナを連れ戻しに来たり最後は主人公を守る為にイタリアに帰ろうとするサブリナですが、沙希に励まされた和己が何とか引き止めて話は終了しましたいや、本当に何と言うか新しさがまったくない小説でした話の筋と展開が思いっきり読めましたねでも、妹のサブリナは非常に可愛かったです沙希も結構良いキャラしてましたし、キャラクター的には萌えなラノベですイラストもかなり可愛いですし、表紙の紙質もGA文庫では初めてとなる艶消し仕様になってて編集部としては力を入れてるっぽい感じがしましたありきたりな萌え先行のラノベが読みたい人にはお勧めのラノベではないでしょうか?

すべての15レビューを表示

  • 中性色

    ふしぎなプリンセス。マフィアの娘との妹生活という話だけど、ぶっちゃけ話の主な部分とかとは隔離されてるような感じで、あんま考えなくても楽しめるようになってるかな。まぁ、展開の都合上は仕方ないけど、仮にもマフィアの一人が高校生に負けるってなんやねん。ただ、最低限キャラは過不足なくいるので、そっち方面なら楽しめるのか。個人的には沙希が好み 続きを読む

  • KUWAGATA

    甘々系のヒロインは好みじゃないので、読み始めはうーんという感じだったけれど、他の女の子が絡み始めてから、一気に面白くなった。サブリナは主人公と接している時より、沙希と接している黒いときの方が断然可愛い。ストーリーは王道中の王道ですが、この作品を愛でるポイントはそこじゃないので、これはまあこれでいいと思います。ただ、家をほとんど留守にしている両親というネタはさすがにいい加減にしろという感じ。ましてや主人公は中学生。ヘタしたら児童相談所が介入するレベルです。それ以外は特に不満もないので継続します。 続きを読む

  • 空箱零士

    ★★★☆ これはサブリナや沙希といった萌え萌えな女の子とギャルゲー的なイベントを過ごすのを楽しむお話です。マフィアが出てきて町中で発砲したり爆破したり、まるで悪ガキ集団を相手取る感覚でマフィアにステゴロで立ち向かうように発破かけたり、本当に立ち向かったりしますが、女の子が萌え萌えなので仕方ありません。仕方ありません(迫真)。実際その辺を全力でスルー出来れば普通にライトなギャルゲー感覚で楽しめる話です。サブリナ普通に可愛いしなー。こういうギャルゲー脳全開な世界観を貫徹できるのも一つの才能ですよ。皮肉抜きで。 続きを読む

すべてのレビューを読む