発売日 2011年06月15日(水)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 2

著者名:裕時悠示(著者) るろお(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-6561-0
サイズ:
文庫
ページ数:
272
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・裕時悠示

『踊る星降るレネシクル』でGA文庫大賞《優秀賞》を受賞し、デビュー。 シリーズ『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』は180万部突破。アニメ、コミック等で展開。 2016年に新シリーズ『29とJK ~業務命令で女子高生と付き合うハメになった~』(イラスト:Yan-Yam)も開始。 「29とJK」もガンガンGAにてコミカライズ開始、コミック1~4巻も発売中。

イラスト・るろお

Twitter

Unable to load Tweets

  • 面白い!

    5.0
    増尾裕司

    とりあえず試しに2巻まで購入しましたが面白すぎたため全巻購入しました。 内容は読んでからのお楽しみですが普段ライトノベルを読まない方にはとてもオススメです。

  • 2.0
    がのたん

    1巻ではジョジョをベースに各種パロディを取り入れた作品で、キャラの立ち位置やストーリーはきちんと確立されていた。ところがこの作品ではパロディやオマージュを取り入れすぎた上に、新規加入キャラにより物語を持たせようと言う稚拙な内容がとても残念。キャラ的には『乃木坂春香の秘密』や『小春原日和の育成日記』の様な内容。でも、新キャラに頼って物語を進めようとする『これゾン』や『まよチキ!』、『シャナ』のような巻が進むほどに駄作臭が色濃くなっていく作品に感じられる。もっとも『踊る星降るレネシクル』もまた巻が進むほどに内容が薄まり、設定に矛盾が生じてくるような作風であるため、この作者の癖、良く言えば持ち味なのだろう。作風、特に1巻は面白いので、同じGA文庫の逢空万太先生のように、同じような内容でありながら読者を引き込む力とぶれない安定感を身に付けて欲しい。一応、3巻は読んでみるかな。

  • 残念!!

    1.0
    shin

    今届いたのですがしおりが付いていませんでした。しおりも欲しかったのにとても残念です。

すべての23レビューを表示

  • みりあ

    約一年振り俺修羅。なんとなくアニメ見てみたら面白かったので続き読むことに!もうタイトルはあってないようなものである。いっそのことヒロイン増やすごとにタイトルも変えていけば良いんじゃないだろうか?(笑)”俺の彼女と元カノと幼なじみが修羅場すぎる”あとおそらく名前にヒロインは季節がついてるだろうから、風紀委員の「冬」も加わってさらに長くなるんだろう。でもみんな魅力的だよなあ。いや、るろおさんが好きなだけかもしれないけれど。あとがきのこのタイトルにした理由は、何か言い訳にしか聞こえなかったw作者の趣味だろ絶対。 続きを読む

  • チェシャ猫

    登場人物が増えて 前の巻よりパワーアップしてる気がする。面白かった。前の巻と時といい 鋭太は締めるときは締めるね。 続きを読む

  • Yobata

    彼女の真涼と幼なじみの千和による板ばさみに困惑する鋭太。そんな中、鋭太にラブレターが…。第三の女の登場の予感がするが、内容は意味不明のポエム形式。一端棚上げ状態にするが、鋭太の修羅場は収まらない。真涼の妹・真那が登場したり、真涼が溺れて人工呼吸したりと…。そしてラブレターの女がついに鋭太の前に登場。名前は秋篠姫香。何と鋭太の元カノだという現・中二病の女の子だった。前回の鋭太の行動を見て惚れたのだという。果たして鋭太の修羅場はどうなるのか?元カノ(前世)登場wまさか前世の元カノ来るかwキャラ設定面白いなw→ 続きを読む

すべてのレビューを読む